血行をよくする前に脾臓を良くする理由とは?


健康ブームというと、マラソンが流行っております。

自分のペースでゆっくりと走ったり、より速いタイムをとスピードや水分の取り方を考えたりするのも楽しみの一つですね。

走っていると、左の横腹が痛くなりませんか?

それは、脾臓(ひぞう)が頑張っているからです!脾臓は体の血液を溜めているからで、体に血液が足りなくなると出すのです。

これは、食事をして胃や腸に血液が必要なときや、腕や脳を使っても血液を送るために脾臓から出しているのです。

血行を良くする前に『脾臓』の動きをよくするといいでしょう!その方法は足の親指の動きを良くするのです。親指の外側を土踏まずまで押していきます。そして、膝から下の足の外側を温めるといいでしょう。

不思議な事で、走るときに必要なのは「脚」ですが、その足がツボでいう『脾臓』に関係する所があったのですね。人の体ってスゴイですね!

動画:血行を良くする前に、脾臓の活性化を!!~脾臓活性法、教えます。~

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。