絶食は毒素をだす手段!! そのわけとは?


デトックスという言葉を一度は聞いたことあるはずです。

毒素を体から出して健康にする。という方法なのですが、やり方は様々。

便秘など体に溜まったものを出すのも一種のデットクスですが、『絶食』も毒素を出すためには必要な事です。これは、体重を減らすため長期間の絶食ではなく、「就寝時間にお腹に何も入っていない状態」のことです。

よく言われるのが、太るとか胃が悪くなる。などですが、胃の中に食べ物が入っていると、胆汁(たんじゅう)が出なく長い間、胆のうに溜まってしまうのです。

この胆汁は、肝臓から作られるのですが肝臓の働きは「毒素の排出」この時にできた一部なので、ある意味、毒ともいえます。これを出すためには胃に何も入っていない状態を作らないといけません!

それが、寝ているときです。

そうすると、胃をはじめ腸の中を通り毒素が外に排出されて内臓が活発に働きだしてきますよ!

気だるさを感じたときは、早めの食事と夜9時以降には飲み物意外は口にしないのも必要です!

動画:花粉症に絶食が効く?~毒素を出す方法教えます。~

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。