春風はカゼの原因になる!~葛根湯に似た食材とは?~


今年の季節は気温の差が激しい・・・。

一日で気温が激変するなんて事も多く、雨が降るとさっきまで暖かったのにと感じる程気温差が激しい日々が続いています。

やはり気温差が激しいと気をつけなければならないのが「カゼ」です。

風邪のひき始めにする事といったら、「暖かくして寝る。」「暖かいものを食べる。」などが代表的です。その他にも漢方薬の「葛根湯(かっこんとう)」を飲む。という方も多いのではないでしょうか?

漢方薬でよく知られているのが「葛根湯」です。カゼ以外にも肩コリにも効くということで病院でも処方されますが、効能としては「血行を良くして体を温める」実はコレと同じような効果があるのが「ネギ」です。ネギに含まれる栄養素には血行促進、殺菌作用、抗ウィルス作用があります。

そこで風邪に効くネギの取り方とは・・・

  1. 太めに切ります。
  2. しょう油と熱湯を入れる。

だけです。とても手軽にできますね。風邪のひき始めのくしゃみをしたら、肩を左右3回ずつ叩きましょう。これも風邪を予防する一つですよ!

これから新しく1人暮らしをされる方は、ネギとしょう油を家においておきましょう!!

 

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。