ギックリ腰や椎間板ヘルニアの原因を取り除く「体操」とは


今回は、ギックリ腰や腰痛、椎間板ヘルニアになりにくくするために、「体の土台となる腰に、きれいなアーチをつくり、腰椎を刺激してこわばりをほぐし、安定させる体操」を紹介します。

(手順)

①あおむけになり、背すじを伸ばしたまま、膝をかかえる。(手が届かない人は、太ももをかかえてもいいですよ)

②脚の力で膝を交互に前後させ、こわばった腰をほぐす。(太ももを体にひきつけるように動かして)

③一方の膝をかかえたまま、もう一方の膝を伸ばして、10秒間静止。(かかえた膝は手で引きつけないようにね)

④その後、伸ばしていた脚をつま先のほうへ伸ばすイメージで、ゆっくり下ろしていく。

⑤下ろしきったらひと息ついて(ふう~)、反対側も同じようにする。(左右のバランスがととのう。)

終了後、下腹部まで大きな呼吸が入り、腰全体に充実感があればok

腰椎をゆるめ、腰に反りをつくる方法です。

ぜひおためし下さい。

動画はコチラ→「ぺ先生の挑戦

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。