冷シップか温シップかを迷ったときの解決方法


豊田整骨院 院長の川越です。

実は、シップというのは冷シップも温シップも薬効成分は同じなんです。ただ温シップにはトウガラシのエキスみたいなものが入っているため、温かく感じるようになっています。メインは消炎・鎮痛効果なんです。

この消炎・鎮痛効果を体内に浸透させるメカニズムの為に、皮膚がかぶれてしまうのです。

元々皮膚には外部からの滲入(しんにゅう)を防ぐ役割の皮脂膜というものがあります。

シップにはこの皮脂膜を溶かす溶剤が入っていますので、長時間貼っていたり繰り返し貼っていると、かぶれてしまうのです。

当然、治療もしにくくなりますし、根本的な解決にはなっていません。

一次的に炎症や痛みを抑えるにはいいですが、シップを貼ってないと不安だという人は注意してください。

皆さんには、痛みを起こさない体づくりに意識を持っていただきたいです。

 

川越英紀ってどんな人→ http://ameblo.jp/1040da/

facebook→http://www.facebook.com/profile.php?id=100002743759074

Twitter→http://twitter.com/#!/KawagoeHidenori

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。