熱中症の間違ったからだの冷やし方


熱中症や日射病の予防である「暑さ対策」この時期には大切なことです。

熱帯夜で寝苦しい夜にも、暑さを凌ぐために「保冷剤」を使った経験は一度はあるはずです。確かに熱中症など体内に熱がこもると体が正常に動かなくなってしまいますが、冷やしすぎるとどうなるのでしょう?

冷やしすぎると、血行が思った以上に悪くなります。特に、暑さ対策で首に保冷剤で冷やしたり、エアコンを顔にあてたりすると涼しく感じやすいですよね。これが、実は怖いことになるんです!!
血管の役目は・・・

  1. 体に栄養や酸素を送る。
  2. 体の熱を正常に保つ。
  3. 老廃物の排出。

冷やしすぎるとこの機能が正常に働かなくなってしまいます。それが、首や顔など脳に近い部分でなってしまうと急激に脳に酸欠状態になりやすく、目まいやだるさなどの症状が出てきます。これを熱中症と勘違いしてさらに冷やそうとしてしまうと返って悪化してしまいます。

簡単にできる熱中症予防体操

  1. 両腕を肩の高さまで横に広げます。(3~5回)
  2. 今度は両腕を内側にグルグル回します。(3~5回)
  3. 上向きで寝た状態でお尻を持ち上げてストンと落とします。(2回)
  4. 寝た状態で両足を直角に持ち上げてドンッと落とします(2回)

まずは、常温の水でわきの下、股関節、頭の皮膚をゆっくり冷やしましょう。そして、クエン酸の多いレモンを水に浸し塩(天然の荒塩)を少し入れて飲むと疲労回復にも繋がります。

ぜひ試してみて下さい!

動画:熱中症対策体操!

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。