肩の痛みで漠然と「四十肩・五十肩」といわれた方,解消法教えます!


ささいなきっかけを引き金にして突然、痛みをともない肩が上がらなくなる。そんな苦しい症状でありながら、漠然と「四十肩・五十肩」といわれ、診断されてそのままの状態・・・このような方、多いと聞きます。

今回は、「四十肩・五十肩」の痛みを緩和する効果がある、こわばった肩関節の動きをよくする体操を紹介します。

この体操で、腕の角度を調節して肩関節を直接刺激しつつ、肋骨を持ち上げて、肩の可動性を高めていきます。

(手順)

① ひざ立ちになって背すじを伸ばし、肩口に片手の親指を軽くあてる。ひじを肩の高さまで上げていく。(肩のくぼみに親指をあてる。指の位置がズレないように)

② 親指を肩から離さず、引っかかりを感じるまでひじをゆっくり開く。

③ 前腕をゆっくり伸ばしながら、指を一本ずつ伸ばす。(人さし指から順に開くことで前腕の筋肉がロックされ、背中に力が集まりやすくなる)

④ 腕全体をひねりつつ、肩の力が集まる位置を見つける。指先方向へ数回、腕を伸ばす。(ひじから回すようにすると引っかかりを見つけやすい)

⑤ できるだけ後ろを通るように、ゆっくり手を下ろす。反対側も同様に。(背中と肩に力の集まりを感じながら、10秒かけるつもりで下ろしていく)

終了後、深い呼吸とともに、胸が張れるように開き、肩が軽く感じられればOKです。

体操中、痛みが強くなる場合は、無理しないでくださいね。

かんたんなので、ぜひお試しください。

動画はコチラ→「ぺ先生のパントマイム(?)付き

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。