熱中症は「汗?よくかくわよ~顔なんか汗だく!!」の人が危険!!


今年は、連日の猛暑日で熱中症の注意を呼びかけるニュースが連日流れていますが、ネットで「熱中症」を検索するだけで約11,100,000件ものヒットがあります。その多さに本当にビックリです。
ところで、
熱中症の見分け方で「汗」をかいているかチェックしていませんか?

見分け方のポイントで汗が出なくなったら危ない。と聞いたことがあるはずです。「汗?よくかくわよ~顔なんか汗だく!!」と思っている方は要注意ですよ!汗のかき方にも老化があるのを知っていますか?足→背中→お腹→腕→頭の順で発汗機能の老化がおきます。顔や頭は普通に汗をかくのでポイントは足などの下半身に汗をかいているかが重要。

エアコンは血管収縮スイッチが入る手前の温度で!!

体は「涼しい」と感じると血管収縮スイッチというものが入ります。これは手足の血管を収縮させ体温を保持するための機能ですが、これが入ると表面だけが冷えて体温が下がらない状態を作ってしまうので、室温が26℃から24℃に下がるとスイッチが入るのでエアコンおススメ温度は26~28℃です。

長時間のドライブでも車内のエアコンで冷えすぎてしまいますし、座りっぱなしも足の血行を悪くして汗がかきにくくなりますので休憩の際には手足を良く動かしておきましょう!!

長時間のドライブで腰痛にならない方法。

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。