聞いたことありますか?熱刺激タンパク質(HSP)


夏の疲れ、溜まっていませんか?

だるくなってませんか?

 

そんな時の強い味方・・・

それが“熱刺激タンパク質(HSP)”

 

です。

 

熱刺激タンパク質とは体内に存在する物質で、熱を加えることで細胞を活性化させる働きがあります。

 

ですので、お風呂で全身を温めたり、しんどい部分を蒸しタオルで温めると“熱刺激タンパク質”が働き、体が楽になります。

 

ちなみに・・・

これを使って、がん細胞を死滅させたり、働きを抑制させたりする治療方法もあるようです。

動画はコチラから。

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。