呼吸でヤセル、その方法は?


最初に注意したいのが、この方法はいつでも始められるのですが、実は日本の一年の中で今から

始めるのが1番のチャンスです。それと自分で出来る、身体がそうなると、可能性を信じることです。

 

ヒトの呼吸は肺に入ります。その肺と言うものの大きさを自分で忠実に意識することがポイントです。

次に、呼吸をすると必ず横隔膜が動きます。横隔膜はあばら(肋骨)の下の方にあり大切な所です。

最後に骨盤の動きを連動させ、一回、一回の呼吸がヤセル方向に向かいます。息を吸うと骨盤は

前に傾き、はくと骨盤は後ろに傾きます。この時、骨盤は閉じるのです。骨盤の柔軟性をこれで

意識的に高めるのはこの時期が1番です。私たちの脳は意識すれば、私たちの身体をその時から

変える方向に向かわせてくれます。ですから、信じてください、自分の身体を。信じてください、

自分の気持ちが、それを可能にすると言うことを。お願いします。

「→これが方法です」

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。