知っているようで知らない?中年太りの原因と対策


知らないうちにお腹にお肉が・・・

 

そんな風になりなくないって人、多いんじゃないでしょうか?

 

いい歳になり「最近太ってきたな・・・」と思われる方

「今の体型を維持したいな・・・」と思っている人も多いはず。

 

ですので今回は、中年太りの原因と対策を紹介したいと思います。

 

 

中年太りの原因は・・・

加齢による代謝の減少

酸化

糖化

ホルモン

等です。

 

加齢による代謝の減少とは

年齢を重ねると代謝の量が減少します。

ですので、同じように食事をして摂取するエネルギー量が同じでも、使う量が減る分身体に蓄積されてしまいます。

 

酸化は・・・

みなさん「活性酸素」って言葉聞いたことありませんか?

それらは細胞に働きかけ、正常な働きをしないようにさせてしまう物です。

なので、細胞がきちんと働かなくなり細胞が老化してしまいます。

その結果、エネルギーが消費されなくなり、肥満につながってしまいます。

※ビタミンCとE、カロチン、ポリフェノールには活性酸素を減少させる働きがあります。

糖化とは・・・

食事で摂取した糖が体内のタンパク質と結びつく現象です。

それらが蓄積される事で肥満になってしまいます。

これを予防する為にはゆっくりと食事をする。糖分を取り過ぎないetc

最後にホルモンですが・・・

ホルモンはストレスや寝不足が続くときちんと分泌されなくなってしまいます。

そうする事が肥満の原因になってしまう事が少なくありません。

規則正しい生活、適度な運動が肥満予防に効果的です。

 

皆さんも参考にして下さい。

 

詳細はコチラから

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。