腸を鍛えて風邪を引きにくい身体に


段々と寒くなってきましたね。

皆さんは風邪を引いてませんか?

寒くなると風邪を引いてしまう人が非常に多くなってくると思います。

でも、出来るだけ風邪は引きたく無いですよね。

ですので、今回は『風邪を引きにくい身体』を手に入れる方法を紹介します。

それは、『腸を元気にする』ことです。

なぜ腸なのか。それは、腸には免疫機能の約6割が存在します。

体内に発生した異常な細胞や老廃物を排除してくれます。

ですので、風邪をひきにくい人は腸が元気なんですね。

では、腸を元気にする方法です。

1、植物性乳酸菌をとる。

しょうゆや味噌に多く含まれていて腸内環境を整えるのに効果的です。

2、食物繊維、オリゴ糖をとる

腸内の善玉菌を増やすことができます。食物繊維とオリゴ糖を両方含んでいるものと言えばバナナです。バナナ最強ですね。

3、グルタミンをとる

小腸や大腸の重要な栄養素になります。生肉や生卵などのタンパク質を多く含む物です。

これらの3つのことを食事に取り入れることで腸が鍛えられるので風邪をひきにくくなります。

また、腸を鍛えると肌をきれいにしたり、体型を維持するのに効果的ですので1度試してください。

 

 

 

こちらもご覧ください。

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。