中指で自分のカラダを治す方法は?


中指は、カラダでいうと頭から心臓までの部分を全て網羅(支配)しています。ですから、それを刺激

すると、カラダのそれに対応する部分が良くなるのです。ただ、この方法は呼吸のコントロールが

あって初めて効果があります。簡単ですよ、基本的には深呼吸です。特に、吐く時に長めにして

下さい。吸う時よりもね。あとは指を刺激する方法ですが、痛快感(ちょっとイタ気持ちいい)がある

くらいです。息を吐くときに力を加え、吸うときに力を抜く。それだけです。それでは疲れ目(眼精疲労)

をとる方法を紹介したいと思います。中指の先を、反対の手の親指の先で指圧。中指のツメの両側を

つまむようにする。もうひとつは、中指の付け根の部分を直接、目に覆う方法です。この方法では息を

吐くとき、目の疲れを出すイメージでして下さい。そうすると、より効果が実感できます。みなさんも、

自分で自分の調整をしてみて下さい。

→「中指で出来ます」

 

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。