台風で接近で体がだるくなる人の特徴とは?


台風や雨などどんよりした天候で気分も体もスッキリしない・・・。

そんな経験ありませんか?

特に秋に多い「台風」は梅雨時期とは違った体のしんどさがあります。
雨が降るときは低気圧で、簡単に言うと空気が地面から空に向かって流れ、そのときに体を支えていられるか、また耐えることができるか。で体調が変化します。

もし、台風や天候の変化で体がしんどくなる方は、体を支えている筋肉が弱っていることが少なくありません。弱っているといっても、筋力が落ちているだけではなく、しっかりとバランスよく全身の筋肉が使われているかどうかです。
例えば、新体操で筋肉がムキムキ・・・。という方はいませんね。筋肉が引き締まっていていてしなやかな体があの週敏な動きができるのです。

人の体はもともと重力の中で生活できるようになっています。
上からの力には強く、下からの力(突き上げる力)には弱い。
地震でも横揺れには強くできていても、下からくる揺れには非常に弱いのと一緒です。
ボクシングや格闘技でもアッパー(下から上へのダメージ)を受けてしまうとダメージは大きいのです。

だから、低気圧みたいな上に昇っていく圧力には通常よりも筋肉の消費が激しく体力を知らず知らずに消耗してしまうのです。

これに打ち勝つには、筋肉を適度に緊張させておくことが重要!!
運動をして汗をかく、熱いお風呂に入る。なども効果があります。
また、呼吸を深くする。腹式呼吸をするのもお勧めですよ!

動画:台風で体がしんどくなったときの呼吸法

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。