風邪予防に、「背中ポカポカ呼吸法」


良質な呼吸には、全身に酸素をゆきわたらせて弱った部分を活性化させ自律神経をととのえるはたらきがあります。そして内臓のはたらきを高め、体が本来もつ体を治す力を呼び起こしてくれます。

そこで今回は、睡眠と関連深い部分、背骨の胸椎8番を刺激する呼吸法を紹介します。この呼吸法は、脳の緊張をほぐして胸のつかえを緩和するため、寝る前におこなえば快眠の効果も得られます。もちろん体を内側から活性化するので、体の弱った人にも効果的です。

(手順)

① 背すじを伸ばしてイスに腰かけ、体を少し前に傾けます。

② 肩を軽く持ち上げるようにして息を吸い、いったん止めます。

③ 肩を少し後ろへ引き息を吐きます。

以上です、肩を前、上、後ろと動かししつつ呼吸することで、胸椎8番が勝手に刺激されます。これを何度かくり返すうちに、背中がポカポカ温まったり呼吸がラクになってきます。

簡単にできますので、ぜひ試してみてください。

動画はコチラ→「思わず笑ってしまった!ぺ先生の話

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。