見かけに惑わされると、本当の治療はできません!!


お知らせ

10月16日(日)に当グループ院がテレビ放映されます!!「社長密着24時~世界を変える100人の挑戦者たち~ (BSフジテレビ 25:00(深夜1:00)~)

ぜひ、見て下さいね!!

治療のポイントの一つの「脳脊髄液の流れ」この脳脊髄液とはいったいどういうものなのでしょうか?

脳脊髄液は、脳と脊髄神経の保護。つまり、外からの圧力や刺激から大切な脳や神経を守っているのです。体の中にある容量は約90~110mml。この液が絶え間なく流れ続けているのです。

しかし、ただそれだけでは無いのです!これが、一つ治療のポイントとして注目した理由があります。

脳脊髄液は、ただ流れ続けいるわけではなく常に産生と吸収を繰り返しているのです。しかも産生量は体内にある容量の約5倍

つまり、500mmlもの量が作られ、それが凄い勢いで吸収されているのです。

もし、この流れに滞りがあったり吸収できない状態が続くと、大切な脳や脊髄神経に負担がかかるのです。そして、そのバランスは背骨などで調節を行いなるべく流れをよくするのです。

このことから、必ずしも「背骨を全てまっすぐにすれば体が治る」わけではなく、歪んでいる所がなぜ歪んでいるのか?という事を判断しなければいけません。その判断の方法は、脊髄神経の反射で判断できます。神経が支配している筋肉の弾力を診ることによりそこの背骨が正常かどうかを判断します。そこを治療すれば脳脊髄液の循環が上手くいくのですが、ただ歪んでいるだけで判断すると・・・

逆に悪化する場合もあります。これも、「見立て」の一つで、見かけだけに惑わされてはいけないのです!!

文:快信整骨院(堺院)院長 川畑裕範

<快信整骨院(堺院)院長 川畑裕範ってどんな人?>

院長ブログ→『炸裂!! 快信の一撃』

「院長のつぶやき」はコチラから→ 院長のtwitter

Facebook(川畑裕範または「kawabatahironori」で検索して下さい)

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。