手を刺激して内臓を動かすには?


手のひらは内臓の状態を正確に表します。たとえば、緊張したときは自然と手を握りしめたり、手に

汗をかいたりします。これは心を通じて、心臓の動きが手に現れて出るからです。しかも、誰もが出る

位置はだいたい同じですよね。中央というか、中指のつけ根あたり。このことからも手のひらの場所に

よって内臓の位置を表していることが反応に出ています。ちなみに、おへそに相応するのが手のひら

の中心です。と言うことをふまえて、消化不良や便秘の時にはこれを応用するのもイイですよね。

一般的な消化不良や便秘は、腸の動きが鈍っていることが多い。手のひら全体を刺激してみて、特に

痛いところやコリを感じるところを指圧するという方法があります。また、手のひらの中心から時計回り

に手のひら全体を指圧していき、便秘の場合は手のひらの下のほうを重点的に押すという方法もイイ

です。いずれの方法も両手のチカラを抜いて、押す強さも軽ければ軽いほど内臓に刺激がいきやすい

ので、食べる前でも、食べた後でも、是非お試し下さい。  → 「詳しくはコチラ」

 

 

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。