冬にしておきたい3つのこと!!~寝る前のお風呂は危険?~


冷え性だけでなく、寒い冬には体が冷えてきます。

そこで、寒い冬にやってほしい3つのことをお教えします。

  1. 足の裏を冷やさない。
  2. 温かい食べ物はとろみのある物で。
  3. 入浴は寝る2時間前にする。

足の裏には、腎臓に繋がるツボがあります。体を冷やさなくても足から内臓を冷やしてしまいます。

温かいものでも、特にとろみのある物は食道をゆっくり流れていくので背骨を温め内臓が温かくなります。

そして、お風呂ですが、よく寒いから寝る前に入るというのを聞きますがこれが返って体を冷やすことがあります。これは熱が体になじむ必要があり調節するには自律神経が関係しています。すぐに寝てしまうと体が熱すぎると勘違いして冷やしてしまう危険性があります。

寒い日だからこそしっかりとした寒さ対策を行いましょう!!

寝る前の入浴は危険?~冬の正しいお風呂の入り方~

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。