最近、噛む力に差はありませんか?


寒くなると、ついつい身体を丸めてしまいます。

ところで、生き物はなぜ丸くなるのでしょう?

一般的には、表面積縮めて体積を小さくし、熱の放散を防ぐのが目的だそうです。しかし、寒さで筋肉の血行が悪いときに丸まった姿勢は「身体の軸」のズレが出てきやすいのです!!

身体の軸というのは、両足にある軸身体の中心にある軸、そして、この足と体の軸が交わるところから、まっすぐ下に降ろした線が重心線となります。

例えば物であればまっすぐだと倒れませんが、軸がズレると倒れてしまいます。人の場合は、筋肉や関節があるので軸がズレても骨盤で歪んで、肩で歪んで首で歪んでと倒れないようにバランスをとることができます。

しかし、この歪みが続くと肩こりや腰痛など様々な痛みが出てきます。例えば、噛み合わせや歯並びはしっかりしているけども、食事の時につい片方ばかりでかんでしまうという事はありませんか?
これも、身体の軸のズレからくる顎のゆがみの一つでもあります。

こういう時は、食事の前にこの体操をして下さい!

身体をまっすぐに立って、足首を重心軸の中心にして歯をグッと噛んだままグルグルとゆっくり回転してみましょう。そうすると両方とも噛める位置があります。

その位置でしばらく重心を保ちます。そうすると、噛む力が左右均等になります。歯茎や歯に余分な負担をかけずに食事ができますよ!!

動画:噛む力に左右差がある時の対処法

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。