足を組む人の本当の理由。


豊田整骨院 院長の川越です。

足を組むと体が曲がると言われますが、実は逆なんです。

すでに体が歪んで曲がっているから、足を組んでしまうのです。

足を組む人は、ほとんどが骨盤とか股関節が捻じれるという歪みのパターンを持っています、骨盤が捻じれてくると右と左の高さが違ってきますので、その状態でイスに座ると座面は水平なので骨盤が捻じれた分、体が傾いてきます。そうすると、重心がズレますので座っていて気持ち悪くなります。

それを補正するために、足を組むことによって無理やり重心を中心に持ってきて、骨盤の捻じれを取って安定させているのです。これは、感覚的な問題で無意識にやっています。

ほとんどの人の場合、組みやすい側があると思いますが、その動作自体は体にムリがかかっていますので、疲れてきてたまに組み換えたりします、しかし反対側は安定しないので、またすぐに組みやすい側へ組み直します。

解決策は骨盤や股関節を中心にうまくバランスがとれるように調節することが大事です。

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。