0歳で決まる!?子どもの運動能力アップ法。


豊田整骨院 院長の川越です。

最近、姿勢が悪いとか、長く立ってられないという子どもが増えてきていますが、姿勢が悪いのは成長を妨げる原因になります。

原因の一つとして、(赤ちゃんの頃まで遡るのですが)立ち始める時期が早い、本来ならばまず肘を使ってハイハイします、その後、手と膝を使ってヨチヨチ歩きをしてから、つかまり立ちをするのですが、最近はハイハイの後、いきなりつかまり立ちをしている赤ちゃんがすごく多い(成長が早く進んでうれしい気持ちになりそうですが)。

実は、歩き方の一つ一つの動作に意味がありまして、ハイハイ歩きは左右の運動を鍛えています、その後、手や膝を使ってヨチヨチ歩きで体の捻れ運動を鍛えるのと、同時に股関節や肩関節を鍛えて立つために必要な機能を準備しているのです、なのでそれを飛ばして早く立ってしまうと、まだ体が出来上がっていないので崩れやすい体になってしまいます。

子どもにスポーツをさせたいと思う方は、しっかりその過程を踏ませることです。今の住宅環境は、つかまりやすいものがたくさんありますので、よく観察して見守っていく必要があります。                                            

 立ち上がる理想としては、早くて10ヶ月、1年間ぐらいは立ち上がるのを立ち上がらせないようにしたほうがいいです、つかまり立った場合は、親はそれを外して地面に下ろしたほうがいいです。(かわいそうな話に聞こえますが・・・)

とにかく、きちんとハイハイさせるというのは大事で、きちんと意味があるということなんです。

 

川越英紀ってどんな人→http://ameblo.jp/1040da/

facebook→http://www.facebook.com/profile.php?id=100002743759074

twitter→http://twitter.com/#!/KawagoeHidenori

※テレビ番組に当グループと、私も出演しました!「社長密着24時」と検索すれば、ご覧になれますので、ぜひ観てください。

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。