サッカーでもよく見る!足のけいれんの対処法


サッカーワールドカップも決勝トーナメントが始まりました。

サッカーを見ていると、試合の終盤につれて足を押さえて倒れこむ選手がいます。さすがに長時間、走りっぱなしだと足の疲労がピークに達してケイレンを起こしてしまいやすい状態になっているのです。

ケイレンはいわゆる、足が引きつっている状態なのです。
原因としては、筋肉の疲労によって血液が正常に送られない為に酸欠状態になって起きる。体のミネラル成分が少なくなり、筋肉が正常に伸び縮みしなくなる。というののが代表的です。
これは、就寝中にも起きたりもしてとても痛い!!はやく何とかしたいと思っても、痛くて何もできない。といった方も多いはずです。

この場合は、冷えによって筋肉に血液が行き渡りにくく引きつってしまうのです。

その時の対処法は、引きつった筋肉をジワーっと伸ばしていくと収まりやすくなります。よく起きるふくらはぎでは、「アキレス腱伸ばし」のように伸ばしてあげると楽になります。寝ているときは、つま先を手前に引き寄せると筋肉が伸びます。

日ごろから寝る前や長時間運動した際には、このように足を動かしておくと足がつりにくくなりますので、気になっている方はぜひ試してください!
動画:寝起きで足がつった時の対処法とは?

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。