7月の身体、日本と欧米のヒトで一番の違いは?


 

ズバリ、それは基礎代謝です。日本の高温多湿の夏が、体力を消耗するのに対して、欧米の夏は

違います。特にイギリスでは休息しやすい。だから、ウィンブルドンやマスターズがこの時期なの?

それはともかく、基礎代謝の旺盛なヒトほど梅雨に続く、この季節に極めて脆く、欧米のヒトがこの

季節を毛嫌いするのは元々の基礎代謝が大きいからです。一般的に日本人の基礎代謝量は

欧米人のそれに比較して、だいたい20~30%少なくなっている。ただ、みんながみんなそうだ

とは言いませんが、そういう傾向が多いということです。また、日本の中においても昔のヒトより

現代のヒトの方が基礎代謝が大きくなってきています。このことからも、今の私たち日本人はこの

季節に弱いです。そこで、今回は「雨で外に出られない」という時でも出来るものをご紹介します。

→「やっぱり、足を使います」

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。