口からアンチエイジングに挑戦


 

近年、全身と口腔のエイジングに深い関わりがあることが医学会でも発表され、話題になっています。

口の中の老化と全身の老化は関係していると言うことは、歯磨きと歯科院でのケアでそれを注視する

ことができます。特に、歯科で診てもらわないといけないのは歯周病です。これがあると動脈硬化を

促進させたり、糖尿病を悪化させたり、口の中と全身の関連性が叫ばれ歯周病を治したら、狭かった

血管が広がってきたなど、さまざまな影響があることも現れています。一方、筋肉の方からみると

飲み込む時と噛む時が、唾液や歯周に関係する重要な要素になってきます。一般的に、噛む、という

動作が脳への刺激になることは知られていますが、他にも様々な利点があります。顔の筋肉や首の

筋肉が鍛えられシワやタルミを防止するのはもちろん、抗菌作用や自浄作用のある唾液の分泌を

促進したりします。なので、口の周りの筋肉を鍛えるのもアンチエイジングには大切なことの

ひとつです。    →「噛んで、噛んで、噛んで」

 

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。