冬眠・・


今回はやる気が出ないときについて、あさひ鍼灸整骨院の荒木がお送りします。

 

・ 産後に力を全て出し切ったとき。

・ すごくショックなことがあって落胆したとき。

・ 大切な人を失ったりしたとき。

 

こういった状態になったときは下腹の力が抜けます。

下腹とは正確には丹田といって、おへそと恥骨のちょうど中間のところにあります。

丹田を指で押すとズブズブっと入っていきます。 そういうときは力が抜けている状態と言えます。  何をやっても力が出なくて、やる気も出ません。

 

このように、力が抜けるときというのは『成長の節目』、『老化の節目』、などに起きる身体の再構築の過程です。

 

そういう時は無理に動こうとしないで、たっぷり休んでください。 何かをしようと思わなくても、やがて弾力は回復してきて元通りに体は修復されます。

 

この脱力状態は一見悪いことのように思えますが、

 

○ 身体の再構築

○ 集中力はなくなるが、執着心も薄くなるので視野が広がり、いろいろなものに対して寛容になる。

○ 人間関係が楽になり、交友関係が広がる。

○ 骨盤はゆるみきり、そのあと自ら縮み始める。 思い切りゆるんだ方がその後の縮み方が強くなり、集中力は高まる。

 

などの利点がたくさんあります。

 

人間誰しもが一生の間に、どうしても気合いの入らない時があります。

特別な理由がなくても力が抜けたり、今まで当たり前のように出来ていたことが出来なくなったり、常に眠くなったり、眠れなくなったり。。

そういう時は身体のサインだと思って、どうぞ思い切り休んでください。 遠慮はいりません。  そのうちに意欲も湧いてきますので。

 

 

当グループ院のテレビ放送 ⇒ 『社長密着24時』

院長ブログ ⇒ 『あさブロでまったりと』

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。