“食欲の秋”には原因があった!?実は内臓の○○が関係しています。


夏には痩せたけど、秋になって太ってしまわないか心配・・・

そんな声をよく聞きますし、私も秋にリバウンドしないか心配です(汗)


実は・・・

“食欲の秋”になってしまう原因があるのです!!

タイトルにも書かせてもらったように、内臓が関係しています。

その内臓とは・・・どこだと思いますか??

 

実は・・・腎臓です。

腎臓と言われてもイメージがわきにくいかもしれませんが、簡単に説明すると“尿”を作るところです。

秋になると体が冷えて腎臓に負担がかかってしまいます。

 

???どう関係があるの???と思われるでしょうが・・


夏場は汗として水分を排泄できるのですが、涼しくなると汗をかきにくくなります。


ですので、汗が出ない分を尿として排出しようとするので、夏よりも腎臓がたくさん働かないといけなくなってしまうのです。

 

涼しくなると腎臓に負担がかかる・・・実は関係ないようでこれが食欲に関係しています。

 

腎臓がたくさん働くと機能が悪くなってしまい、処理されるはずの老廃物の一つ“酸”が処理しきれなくなってしまいます。

行き場を失った酸は胃へと、移動します。

 

その酸が胃酸と混ざってしまい、胃酸がより強力になる

胃酸が強力になると食欲がわく

 

これが食欲の秋の一番の原因です。

 

食べ過ぎ無いようにするためには体を冷やさない!!

これが一番の対策です。温かい物を取ったり、積極的に汗をかくようにしましょう。

 

動画はコチラから。

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。