冬の“乾燥”で悩んでいませんか?色々と悪影響が出ちゃいます


冬の悩みと言えば・・・

乾燥

ではないでしょうか?

冬は空気が乾燥する季節、そうなる体も乾燥しちゃいます。

動きがスムーズじゃなくなったり、ギクシャクしたり、体がかゆくなったり、目や鼻、喉がイガイガしたり、むくんだり、トイレがちかくなったり・・・

乾燥はいろいろと体に悪影響を与えてしまいます。

(この時期は冷えも関係しています)

水分不足がこれらの原因なのですが、ちょっとイメージしにくいかもしれませんね。

寒くなるとトイレが近くなるので

「トイレに行く回数を控えよう・・・」。

そう思って水分をひかえるのは、実は逆効果です。

身体の水分が少なくなってしまうと、尿が濃くなってあまり溜まっていないのに尿意が催されます。

身体の中の水分が増えると、自然と尿が薄まっていくので、尿意が催しにくくなります

むくみの原因もよく似ていて・・・

身体に水分が少ないと『外に出してなるものか』と身体が働いて、水分を出し惜しみします

水分を上手に摂る事が、トイレが近くなったり、むくみの解消、そして色々な冬の不調に関係しています。

水分をうまく吸収するには、一番は「水」を飲む事です。

秋口~年末ぐらいまでは、スープやみそ汁などの味のある温かいもので、食事と同時に

摂れるものが良いです。
年を越すと「水」しか吸収しなくなるのでお気をつけください。
コーヒーや紅茶、お酒では乾燥の対策にはならないのでお気をつけください。
動画はコチラから。
カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。