坐骨神経痛の解消法


今回の動画

坐骨神経痛は、腰やお尻から、太もも、ふくらはぎへと坐骨神経に沿って鋭い痛みを感じるのが特徴です。初期は、体を曲げるなどの軽い動作にも腰が痛む程度ですが、徐々に股関節や太ももの裏側へと痛みが下降していきます。

これを整体法で診ると、腰椎4番、5番、そして骨盤下部にある仙骨の弾力が失われ、可動性が極端に落ちています。精神的・環境的なストレスや食生活に起因するものが多いようです。

そこで今回は、骨盤の低下による股関節への負担をやわらげ、股関節をゆるめて腸骨への力を集めることで腰の硬直がゆるみ、腰の痛みを緩和させる体操を紹介します。


(手順)

① あお向けに寝て、両ひざを抱え込む。(背中が床から離れたり、左右どちらかへ傾いたりしないようにします)

② 両手で、ひざをできるだけ左右に開く。

③ ひざを伸ばす。このとき、つま先を引き、かかとからアキレス腱にかけてを伸ばすようにする。

④ 両足を非常にゆっくりと、円を描くようにごく小さく回転させる。内側から外側へとそれぞれ3回転ずつ行う。

⑤ 足を開いたまま、できるだけゆっくりと下ろしていき、床についたら2~3呼吸分そのままの状態を維持し、力をゆるめる。(足をゆっくり下ろせない人は、腕を頭上に上げると下ろしやすいでしょう)

①~⑤を朝・晩、2回ずつでOKです。

お試し下さい。

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。