大流行前!インフルエンザ・風邪は寒くても自宅でできるカンタン運動不足解消法でスパッと解決!


運動不足になりがちな寒い時こそ、筋肉を動かして体を調節していく必要です。筋肉を動かさないと「体力の低下」「免疫力の低下」「血行の低下」が起きてしまいます。

そうなると、肩こり・腰痛・病気になりやすい体になってしまいます。
特に、体力低下はあらゆる病気にかかってしまうリスクになり、健康を脅かすと言えるでしょう。

しかし、寒くなるとどうしても動いたり、運動する機会も減ってきます。
それが、冬場に風邪やインフルエンザになってしまう原因の1つで、体力が無くなっている時にさらに追い討ちをかける結果になります。だから、治りかけにまた風邪をひいてしまう。という事になるんですね。

今回は、室内にいながら効率的に運動ができる方法をお教えします!!
まず、タオルを用意します。

  1. タオルを腕(肘から上の位置)に巻きます。少しきつめに巻いて下さい。そのまま、腕を曲げ伸ばしします。
  2. 今度は、太ももにタオルを同じように巻いて屈伸運動をします。
  3. 最後に、タオルの端を両手で持って体を左右に倒します。

大きい筋肉を動かすと体の熱が上がりやすくなりますので、腕や足の筋肉を動かしていきましょう!
動画:寒くても自宅でできるカンタン運動不足解決法!

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。