体に出る肺の不調のサイン。


今回は、体に出る肺の不調のサインとして快信整骨院の中山信博が

お送りします。肺とは、呼吸の中心となる器官ですが、肋骨や筋肉

に囲まれ限られた空間内にあるため、腕や肩、腰からも大きな影響を

受けます。また、腎臓と連携して活動しており、毛穴や汗腺で行う

皮膚呼吸のよし悪しが、肺の持つ生命力の強さに直結しています。

さて、整体では体のどこに異常が出るかといいますと…

①鼻腔が痛む燥する。

②鎖骨の内側が痛む。

③力こぶが張ってくる。

④呼吸をすると脇が痛む。

⑤下痢が続く。

⑥太ももの表側に疲労感がある。

⑦手の平が痛む。

⑧足首の表側がむくむ。

このような症状があれば肺の機能が弱ってる可能性があります。

早めの治療を心がけていただきたいと思います。

のぶのフェイスブック!

のぶのブログ!

のぶのツイッター!

よろしくお願いします!!

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。