「やる気がない・・・」そんな時には、連休明けにやっておきたい3つのこと


連休が続くと、体調を崩したりやる気が出なかったりと、生活のリズムをつかむのに時間が掛かってしまいます。

その原因の1つには、気の緩みがあります。リラックスした状態が続くと、集中力が下がり筋肉も動き難くなります。これが、日常の生活リズムをなかなか取り戻せない理由です。

 

この時の体は、血の流れが鈍り老廃物も溜まりやすい状態です。
そこで、生活リズムを取り戻すためにやっておきたい3つの事をお教えします!

 

《食事のリズムを変える》
休みになると食事の時間がゆっくりになりやすく、外食も増えます。
また、食べ過ぎてしまうのも特徴で、いつもより胃腸に負担がかかってしまいます。こういう時は、夕食を早めに食事を済ませ、胃腸を休めます。

 

《筋肉を動かす》
休みが多いと日常よりも運動が少なくなりがちです。
筋肉は体に熱を作り出すので、筋力トレーニングなどで筋肉を動かして全身の血行を上げていきます。

 

《睡眠時間を調節する》
寝る時間を少し早めることで、朝の目覚めは良くなります。
冬場は、寝る前に「お風呂に入る」という方が増えますが、逆に寝た後で体温が下がってしまう事があります。最低でも寝る1時間以上前には入浴を済ましておきましょう。

 

この3つを組み合わせる事で、全身の血流がよくなります。
休みで鈍った体を活性化して日常生活もスッキリ過ごしていきましょう!
動画:連休の疲れ、なかなか取れない疲れの取り方

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。