こたつでゴロゴロしていて風邪に・・・そんな人いませんか?


寒いこの季節、いろいろな寒さ対策がありますが・・・

 

こたつでゴロゴロ

 

いつの間にか寝てしまって風邪

 

1度は経験した事があると思います。

 

今回はそのメカニズムをお話しします。

 

大きな原因が2つあって

1:上半身と下半身の温度差

2:発汗と乾燥

です。

 

上半身と下半身の温度差が大きくなっていると、体温を調節する機能が困ってしまいます。

あったかい下半身に上半身を合わせるのか?

冷えている上半身に下半身に合わせるのか?

 

そうなると、体温を調節する自律神経の働きが鈍くなってしまいます。

自律神経は免疫力と大きく関係しているので、体が病気になりやすい状態になってしまうのです。

 

次に発汗と乾燥ですが・・・

人間のメカニズムで「寝る時は体温が下げる」機能があります。

 

こたつに入っていると、下半身は暖かい。

でも寝るために体温は下げたい。

体温を下げたいので汗をかく・・・

でも下半身は暖かいので、体温を下げるためにさらに汗を出そうとする・・・

 

この繰り返しで、体内の水分が普段以上に外に出て行ってしまいます。

 

そうする事で乾燥がひどくなり、風邪にひきやすくなってしまうのです。

 

コタツでゴロゴロしていると、このようなメカニズムで

風邪にかかりやすくなってしまいます。

皆さんもお気を付け下さい。

 

動画はコチラから。

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。