冬でも気をつけないと、いけないモノは?


 

肌がカサカサしている。吹き出物がある。かゆみがあってツライ。このどれかに当てはまる。もしくは、

いくつか当てはまると言う人は間違いなく乾燥によるトラブルが起きています。体質だから仕方ないと

諦める必要はありません。まずは洗顔をはじめ、洗うということを大事に考えましょう。泡立ち、

泡切れの良いものを選び、皮脂やもともとの潤いを取り過ぎないようにすることが最も大切です。

自分の皮脂は美肌にとって1番のバリアとなるので、むやみに洗い過ぎないようにしましょう。

洗ったあとは保湿をしますが、その役割を担うのが化粧水です。化粧水は肌に水分を直接的に補い

肌が本来持つ保湿力を高めます。あとは自分でも水やお茶を意識して多く飲むことで、身体の内から

肌への水分を補給しましょう。最後は紫外線で決まります。紫外線はお肌の大敵と言われますが、

その理由は紫外線が美肌成分であるコラーゲンを破壊してしまうからで、コラーゲンが失われた肌は

水分も失われ、シミ、シワが出来やすくなります。ですから、冬でも紫外線防止のために日焼け止めを

使うというのも美肌のためには必要なことです。 →「お肌、キレイにな~れ」

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。