ためしてガッテンでも取り上げられていた、天気が悪いと古傷が痛む、調子が悪くなる原因と対策方法


天気が悪くなると頭痛が・・・。

雨が降る前に古傷が・・・

なんて経験がある人は結構多いんじゃないでしょうか?

 

それらの原因は気圧の変化と“耳の奥にある内耳”という部分が関係しています。

 

気圧が変化すると、内耳にある気圧を感じる箇所が誤作動を起こしてしまい、脳が混乱してしまいます。

この誤作動によって痛みに関係する交感神経が興奮して、いつもは痛まない所が痛くなってしまいます。

ためしてガッテンでは、内耳の神経をおさえるために酔い止めを勧めていました。

 

内耳の状態を良くしておく事でも予防になるので・・・

1:耳の中に指を痛くない程度に入れて

2:前、後ろに動かし、痛い方に持っていきます

3:次はその状態で、上下に動かし、痛い方に持っていきます

4:この状態のまま5秒キープします

こうする事で、耳の状態や内耳の状態をよくすることができるので、気になる方は是非お試しください。

 

動画はコチラから。

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。