外反母趾になる人のある決まった条件


豊田整骨院 院長の川越です。

外反母趾を説明する前に、1999年東京厚生年金病院の調べでは(アーチが正常に形成されているかどうか)正常な足はたったの16%、なんと84%の人のアーチが崩れた状態にありました。中でも74%の人が、「外反足」(外反母趾)だった、というデータがあります。

そして、外反母趾になる人のある決まった条件(状態)があります。

それは、体が「後ろ重心」になっている人です、またそういう人しかならないのです。「後ろ重心」とは、体重がかかとの方に乗りすぎてることを言います。

よく、「先の細い靴とかヒールを履いて締め付けることを長期的にすると、なってしまうのでは」と思っている人が多いと思いますが、違います。最近では、小中学生にも見られますので、靴の問題だけではつじつまが合わなくなります。

なぜ?!「後ろ重心」が外反母趾になるかと言いますと、「後ろ重心」になると、足の後ろと外側に体重がかかるようになります、そうなると足の指が浮き(特に足の親指は浮きやすい)、そして指が浮くとバランスが悪いので何とか指を地面につけようとし、その時指を捻ってでもつけようとするので、その繰り返しで外反母趾が完成します。

見た目は横に飛び出しているように見えますが、だからと言って内側に押すような治療をしても戻りません、関節は捻れながら飛び出していますので、捻れを正し、体の重心を治すことが必要になってきます。

 

川越英紀ってどんな人→http://ameblo.jp/1040da/

川越英紀のfacebook→http://www.facebook.com/profile.php?id=100002743759074&ref=tn_tinyman

川越英紀のtwitter→http://twitter.com/#!/KawagoeHidenori

 

 

 

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。