筋トレの効果が倍増するテクニック


今回の動画

最近は、ジムや自宅で運動や筋トレを熱心にされている人が増えています。しかし、ついやりすぎてしまって、体が歪み、故障してしまって痛みが出ている人もよく診ます。

体のどこかが歪んでくると本来、背骨に集まっているはずの力は、腹筋や肋間などだんだん周囲に逃げてきます。それを元に戻そうとするのが今回の体操です。

今回の体操は、その曲げ方によってさまざまな椎骨に力を集めることができます。具体的に「どこが悪い」と把握するには訓練が必要ですが、「硬いな」「抵抗感があるな」と思うところを重点的に行うだけで体の歪みが改善します。

体の左右の偏りやねじれを調整し、バランスがよくなるのでトレーニングや筋トレの効果も上がるので、毎日朝晩行うことをおすすめします。

(手順)

① あお向けに寝て、お腹の上で左手首をつかむ。

② ひじは軽く伸ばしたまま、肋骨を引き上げるように組んだ両手を少しずつ頭上まで上げていく。

③ 足の裏がもう一方の足の甲に接するように、土踏まずから先を重ねる(どちらが上でもかまわない)。両手は上に、足先はかかとから引っ張られるように、上下に伸ばす。

④ 全身で”C”の字を作るように腕と足を右方向へと滑らせていく。抵抗感が増し引っかかりを感じたところで止める。さらに上下に伸ばそうとしながら3呼吸分こらえてゆるめる、同様に右手首を左手で持ち、逆向きで行う。(体を床から浮かさないように注意してください)

以上です。

かんたんなので、ぜひお試しください。



カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。