正座


今回は正座について、あさひ鍼灸整骨院の荒木がお送りします。

 

一昔前は、背筋を伸ばすためにきちんと正座をしなさいとよく言われました。 しかし、無理をして背筋だけを伸ばしてもうまくいきません。 

自然にお腹の下に力が入って背中が伸びているなら全然構いませんが、人によっては真っ直ぐすぎる人がいます。  こういう人は疲れやすい特徴があります。

横から見たときに真っ直ぐすぎるのもよくありません。

 

むしろ、姿勢がどうのというよりは弾力の方が大事です。 

 

お腹で言うと座ったときに脇腹が引き締まって、力が入っている状態であれば安定しているといえます。

腰の後ろを触っても硬くなりすぎず、お腹の下のほうにギュッと力が入っている状態が理想です。

 

よく猫背になって座っている人をよくみかけますが、この状態は腰が硬くなって全くお腹に力が入っていません。

こういった理由から、柔らかすぎるイスはよくありません。

 

しかしほとんどの人は猫背になった姿勢で座っていると思います。

骨盤がしっかり安定していないためです。

 

骨盤をしっかりさせるように治療して、無理をしなくても安定して座れるような体作りをしていきたいものですね。

 

 

当グループ院のテレビ放送 ⇒ 『社長密着24時』

院長ブログ ⇒ 『あさブロでまったりと』

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。