うつ病にも効果あり!精神的イライラの解消法


今回の動画

現代はいろいろな意味でストレス社会といわれ、精神的にイライラしている人も少なくありません。

整体でみると、精神的イライラがある人は、呼吸が非常に浅く、中にはみるからに肩で呼吸している人もいます。普通、肉体的にも精神的にも健康な人は、からだの重心がおへその下(下丹田)にあり、どっしりと落ち着いていますが、何かのストレスでイライラ感がつのってくると、このような呼吸の異常が発生するのです。

精神的イライラは、外からのストレスに過敏に反応した結果起こるとも考えられ、同程度のストレスを与えられてもイライラしない人もいれば、からだがストレスを拒絶しようと過剰に反応してイライラを強く感じる人もいます。このようなイライラ感を持つ人は、柔軟性がないためにからだが硬直して外からのストレスを上手に受け入れられないのです。

なので今回は、からだの硬直を解消する、特に背骨に柔軟性をつける体操を紹介します。

背骨には脳から通じる太い神経束が走っています。そこに一日の疲れや緊張が残っていると、からだのさまざまな場所に不具合をもたらす原因となります。非常に簡単な体操なので、背骨の緊張や疲労を解消させ、心地よく眠るために、あるいは朝起きたあと、さわやかに一日をスタートさせるためにも、毎日習慣的に行うことをおすすめします。肺を保護する肋間もゆるみ、バランスのよい状態を維持しやすくなります。

(手順)

①  あお向けに寝て両腕を伸ばしたまま頭の上まで上げ、床に着いたら手のひらを上に向ける。

② 手のひらを開いたまま「伸び」を行う。この時足は、つま先を伸ばすのではなく、かかとを突き出すように伸ばす。(背中のまんなかを伸ばし、かかとをしっかり突き出してください)

③ 5秒ほど伸ばしたら、「ポン」と瞬間的に力を抜く。

以上です。

朝・晩、各3~5回ずつおこなってください。

かんたんなので、ぜひお試しください。



カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。