腰痛やぎっくり腰は前兆を知る事で防げる!


今回は、腰痛、ぎっくり腰の前兆について快信整骨院の中山信博がお送りします。

まず、原因が内臓であれ精神的なものであれ、腰痛のカウントダウンは腰が疲労

するところから始まります。まず、腰が疲れ、周辺の筋肉に弾力がなくなってく

ると「重い」といった感覚が出てきます。すると、腰の疲労をカバーしバランス

をとるために、体重を支えている足首や頭部を支える首などに負担がかかり、

緊張の度合いを増していきます。その状態が続くと足首や首の筋肉も弾力を失い、

今度は肺や後頭部に負担がかかってきます。この頃になると集中力がなくなり始

めるのでそれを兆候の1つととらえるのもいいでしょう。実はこの集中力こそ

腰痛や、ぎっくり腰の前兆として大切なのです。こうした状態がしばらく続くと

腰の働きは一気に悪化し始め、後は「重いものを持つ」といったきっかけを待つ

ばかりの状態になるわけです。最近集中力がないなーと感じたら腰の治療をして

みましょう。

のぶのフェイスブック!

のぶのツイッター!

のぶのブログ! 快信リニューアル!

どうぞ見てやってください(^^♪

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。