脂肪を何とかしたいアナタヘ


運動をしなくても食べた分のエネルギーを消費できるのは20代前半まで、と一般的に言われて

います。それ以降、基礎代謝は低下し、余分なエネルギーは体脂肪として身体に蓄積されます。

脂肪がたまりやすく、最も気になるのがお腹まわりです。すぐ近い周りに骨が無く、意識して

動かさないと負荷がかかりにくいため、ダイエットしてもなかなか落ちにくい場所なのです。ダイエット

時の食事は脂質と夜の炭水化物は少なめにして、代謝を上げるタンパク質は多めに摂るのが理想。

また、食物繊維は噛む回数が多くなるので早食いが防止でき、満腹感がある割には太らず、便秘も

防げます。食事の時間帯や回数も気をつけたい所です。睡眠時の代謝量は基礎代謝量より低く、

栄養が吸収されやすいので、就寝前の3時間以内に食べるのは危険です。翌朝、胃がもたれて

朝食を抜いてしまうと、次の食事までの間隔が長くなり、身体は余分に脂肪を蓄えようとする、という

悪循環にもなりかねません。食事は1日3回にして、1回の量を減らすことを心がけましょう。

→「おなか周りにはコレ」

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。