産後の腰痛について


今回は産後の腰痛について、あさひ鍼灸整骨院の荒木がお送りします。

 

出産というのは、女性にとって大きく体が変化する時であります。 産後は本当はあまり動くべきではありません。 しかし現代のような核家族化が進んでる時代においては、どうしてもすぐに動かなくてはいけません。(特に2人目以降の出産だと)

すぐに動くことによって骨盤が広がりっぱなしになってしまい、産後に様々なトラブルに悩まされることになります。

 

特に、腰が慢性的に痛い女性の人は、かなりの数の人が産後から痛くなっていることが多いです。 産後の腰の状態が固定化されてしまって、それで痛みがずっと続いている人が本当に多いです。

脚も疲れやすくなりますし、膝も痛くなりやすいです。

これが、お産の後にゆっくり休める状況にある人はそんなにはならないはずです。

 

骨盤が開きっぱなしになると、腰痛だけでなく骨盤の周りにお肉がつきやすくなり(今まで何度も既出ですが)、太りやすくなります。

産後にきちっと骨盤を閉めてあげていると、別人のように痩せる人もいます。 そして後の更年期障害の症状が非常に楽に経過することができます。

 

産後で骨盤を閉めたいと思われてる方、または周りにいらっしゃるのであればぜひご相談下さい。

 

 

当グループ院のテレビ放送 ⇒ 『社長密着24時』

院長ブログ ⇒ 『あさブロでまったりと』

 

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。