胃がムカムカするときは?


 

起床時に胃が重かったり、おなかが空いた時にチクチク痛んだり、食後に胸やけ、吐き気がしたり、

この他、膨満感や食欲不振など胃がムカムカする時の症状は様々です。この原因の1つは、胃の

機能低下です。理由は食生活、ストレス、疲労、体調不良、加齢などが考えられます。胃の働きが

悪くなると、胃の粘膜を守る粘液の分泌が少なくなるうえ、消化するときの腸の動きも弱まります。

その結果、食べたものが消化されず、いつまでも胃の中に残ってしまうのです。もう1つの原因は、

食べた物の逆流。本来、食道と胃の間には「逆流防止機構」というバリアのようなものがあり、

食べ物が胃から食道に逆流しない仕組みになっています。ところがストレスや疲労などで、

そのバリアがゆるむと、胃から食道への逆流が起こり、胃もたれを起こすのです。それを

改善するには、基本的な食生活のルールを守ることと、「熱い」、「冷たい」、「辛い」、「しょっぱい」、

「固い」といった刺激の強いものを食べないことが大事です。それでも、食後よく胃もたれがする、

日常的にいつも胃が気になる場合は、医療機関に相談して下さい。 →「胃を活性化」

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。