気になる手足の“むくみ”の原因と改善方法


夕方になってくると、足がむくんでダルイ・・・

朝はいてきた靴がきつい・・・

 

皆さんはそんな経験ありませんか?

そんな時に多くの人が

「むくんでしまっているな~水分摂り過ぎなのかな?」

そう思われる方が多いのですが、原因は水分だけでじゃないって知っていましたか?

実は手足のむくみには“心臓”が関係しています。

「心臓とむくみって、どう関係あるの?」と思いますよね。

心臓は全身に血液を送り出すポンプのような作用があります。

身体の隅々に血液を送る時は、ポンプ作用で勢いがあるので良いのですが、手先や足先など先端から心臓へと戻ってくる時に問題があります。

勢いが無くなった血液を、周囲の筋肉の補助をかりて心臓へ戻するのですが、立ち仕事や歩きっぱなしで足の筋肉が疲れてしまっていると補助をしてもらう事ができず、先端から血液が返ってきにくくなってしまう。

そう、これがむくみの原因なのです。

そして、このように血液が戻ってきにくくなってしまうと、心臓はよりいっそう働いて自力で血液を動かそうとします。

そうすると、心臓の収縮が大きくなり、知らないうちに負担をかけてしまう事につながります。

このようになってしまった時の対策は、部分浴が最適です(足湯、肘湯など

むくみが気になる方は一度お試しください。

 

動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。