気が散漫な時は?


 

無気力となる原因には人の心身や感情を安定させる「セロトニン」という神経伝達物質が関係して

います。これが減少したり、正常に機能しなくなると、精神のバランスが崩れ、やる気が起き

なかったり、集中力がなくなったり、イライラしてしまうというのです。ではセロトニンを増やすには

どうすれば良いのでしょうか。セロトニンは昼間に分泌されやすいので、早寝早起きをして、毎日

太陽の光を浴びる規則正しい生活を心がけることです。また、リズミカルな反復運動を行うことでも

セロトニン神経が活性化されることから、食事の際によく噛んだり、ガムを噛むのも一定のリズムに

のった有効な運動です。やる気が出ないのは脳にパワーを与える楽しい刺激が不足しているからで

また、肉体や脳を動かさないと血行が滞り、新陳代謝が低下して脳や神経の働きが鈍くなります。

なので、時には自分の思うままに過ごし、楽しいことを脳に与え、ストレッチや軽い運動を通じて脳を

刺激してみましょう。  →「集中力アップ!」

 

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。