更年期障害にこの体操!!


動画はこちら

 

 

今回は、更年期障害についてです。

「男女7歳にして席を同じくせず」という言葉が

あります。確かに7歳ぐらいまでは、男も女も体

の外見にこそ差はあるものの、機能的には大きな

差はありません。が、女性はそれ以降、思春期を

経て、妊娠・出産が出来る体へと変わっていきます。

その、女性の体の変化に大きく関わっているのが、女性ホルモンです。そして、女性ホ

ルモンは、個人差はあれ、だいたい50歳前後で分泌が止まってしまいます。その為、

この時期に女性の体は大きく変化するわけです。この時、体の変化で言うと腰の4番の

骨が硬くなってるとトラブルになりやすい傾向にあります。体操で弛めてみましょう!

①足を開くところまで、開ける。

②片足ずつ膝を曲げる。片方の膝を曲げた時、余裕があるならもう一度そのまま膝を開

く。

③足の裏を合わせて、かかとをお尻に近づける。次にお尻を左右に振る。

ホルモンの分泌に関連してるのが腰椎4番です。この体操で弛めて症状を和らげてみま

しょう!!

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。