カテゴリー別アーカイブ: 健康情報

夏バテ…ならぬ『秋バテ』に気を付けましょう

Amebaなうで紹介

“夏バテ”というワードは皆さんよく耳にすると思いますが 秋バテをご存知ですか?? 夏バテは 暑さによって体力や食欲が低下してしまい、不調が現れてしまう現象です。 原因は“暑さ”によるものなので、気候が穏やかな秋になるにつれて 体調は回復していきます。 それに対して秋バテは 夏場の暑さをしのぐ為に冷房で体を冷やし過ぎてしまったり、 冷たいものを摂り過ぎてしまう事で胃腸に負担がかかり、 内臓の働きが悪くなってしまう事によって起こります。 それらの不調が夏から秋になっても解消されていないと秋バテになってしまうのです。 冷たい物の飲みすぎ→内臓が冷える→疲れ、だるさ 冷房による冷え→外気との寒暖差による自律神経への負担→疲れだるさ となってしまうのです。 どちらが原因であったとしても体をリラックスしつつ温めてあげる事が 解消への近道です。 38℃~40℃ぐらいのお風呂につかる事で体を中から温めてあげると 症状が改善されやすいです。 気になる方は是非お試し下さい。 動画はこちらから  

カテゴリー: 健康情報 | コメントをどうぞ

便秘に効果的な体操

動画はこちら 便がでないために、苦しい、おなかが張る、肌が荒れるなど の不快感があるとき、それを便秘といいます。逆に、何日か 便が出なくても体調にまったく問題がないのなら、それを あえて便秘という必要はありません。排便のリズムには個人 差があるので、毎日排便がないからといって、それが必ずし も便秘であるとは限らないです。 整体法では便秘を、消化器系全体の問題として、あるいは、 神経的な問題(ストレスなど)が原因と、とらえています。健 康であれば、空腹時に体を動かすことで、胃や腸が活発に ぜん動運動を始めて排便反射がおこり、便意が促されます。 しかし、胃腸の働きが衰えてくると、消化器系がみずからの ぜん動運動で、食べ物を送ることをしなくなります。ですか ら、食べ物を口からさらにいれて、その分、便を押し出そ うなどと考えて大食いするのは逆効果ですからやめましょう。 こんなときは、少しつらいかもしれませんが、しばらく食べ る量を減らしてみます。胃腸は空腹を感じるとき、もっとも 活発に機能しますから、やがて正常な排便活動ができるよ うになります。 応急処置としては、直腸を刺激する体操(左足を曲げて伸ば す体操)がオススメです。これは、左足のももで直腸に刺激 を与え、排便を促す方法です。 1.あおむけに寝て、左ひざを深く曲げる。 ひざ頭を、へその真上あたりにくるように両手で抱え込む。 2.左足は伸ばす方向に、手は足を抱える方向に力を入れ、こ こで力をためる。つま先は外側にして足首を固定。 3.手を離して左足を勢いよく伸ばす。このとき全身が脱力し た状態になっている。1回につき1.2回、1日2回(朝・晩)が目安

カテゴリー: 健康情報 | コメントをどうぞ

筋肉痛になる『乳酸』の意外な働きとは?

筋肉に痛みを感じる場合は、 筋肉を自由に動かせないように邪魔をする物質が溜まっているからです。   この筋肉の動きを邪魔をする物質が溜まる原因は、 さまざまですが、溜まる物質の多くは、乳酸とカルシウムだと分かっていました。 【動画】肩こり予防法   ======================= 【乳酸とカルシウムは、なぜ痛みに関係するの?】 =======================   この2つが溜まり過ぎると、筋肉内の血の流れが妨げられます。 筋肉が動くためには、酸素とブドウ糖(栄養)が必要なのです。 そして、それを運んでいるのが血液。 この血液が少なくなる事で、筋肉を動かす為に必要な酸素と栄養が 足りなくなってしまうのです。   それに加えて、筋肉が動くと必ず老廃物が発生しますが、 これも、血液によって体の外へ排出されなければいけません。 ===================== 【筋肉痛の元になる乳酸の意外な働き】 =====================   酸素や栄養が不足し、老廃物が溜まってくると 筋肉は動けなくなってしまいます。 これを、一時的に解決するのが乳酸なのです。   乳酸は、筋肉痛になる物質として有名ですが、 もともとは、筋肉内にあるピルビン酸という物質。   酸素が足りなくなると、ピルビン酸が乳酸に代わり 「酸素の代役」として働いていたのです! 実は、緊急回避のために、とても大切な働きをしていたのですね。   しかし、溜まり過ぎると血の流れを邪魔をして、酸素も栄養も不足するし、 乳酸やカルシウムもどんどん溜まってしまう、、、 そういった悪循環を作ってしまいます。   この悪循環を防ぐためにも、 早急に、乳酸やカルシウムを筋肉の外に追い出してあげましょう。 … 続きを読む

カテゴリー: 健康情報 | コメントをどうぞ

夏のなんとも言えないだるさの原因は〇〇〇

夏になると   やる気はあるのに体がだるい。 すぐに疲れて横になりたくなる。 なんとなく元気が出ない ふらつく 眠たい   ということが皆さんはないでしょうか?   その原因は低血圧かもしれません。 夏は血管が広がりやすいです。また、汗をかいたりして体の水分が失われていき血液自体の体積が下がります。 ですので、夏が1年で低血圧になりやすい季節なんですね。   その結果、低血圧になりだるいとか横になりたくなったりすぐに疲れたりしてしまうんですね。   そこで、対策としては血圧が下がると血液の循環も悪くなりますので、血液の循環を良くするためにもウォーキングが効果的です。 ウォーキングをすることでふくらはぎの筋肉のポンプ作用を使って血液の循環を良くしていきます。 また、筋肉のポンプ作用を強くするためには筋肉が必要ですので、動物性タンパク質を食事に取り入れてほしいと思います。   皆さんも、夏を元気に乗り切るために試してほしいと思います。     今日の動画です。

カテゴリー: 健康情報 | コメントをどうぞ

膝の痛みの原因~実は腰や腎臓とも関係がある??~

多くの人が悩まされている膝の痛みですが… 色々な原因があります。 今回は“腰”と“腎臓”が関係する場合について説明させていただきます 腰と膝は一見関係がなさそうなのですが、膝に痛みがあったり調子の悪い時に腰の動きが悪くなっている場合があります。 どういう事かというと 上半身をひねるような(呼ばれた時に振り返る)動作は、腰の背骨が軸になって動くのですが この時、腰にこわばりがあると背骨を使ってひねる動作ができないので、動きを補うために“膝”を使って補助しようとします。 そうすると膝に必要以上な負担がかかることになり 膝が痛くなってしまう原因となるのです。 では腎臓についてですが… 腎臓に負担がかかると腰がこわばってしまうのです。 尿を沢山作らないといけないとき 汗を上手く書けないとき などは腎臓に負担がかかるので、それが原因となって膝が痛くなってしまう場合があります。 気になる方はお気を付けください。   動画はこちらから  

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

熱中症に似た『熱こもり』の正体

体は、環境の変化や気温、湿度によって 何もしていないのに疲れを感じる事があります。   気温が高く、湿度も多いと 疲労感がなかなか取れない方も多いのではないでしょうか?   気温が高くなると、それだけ基礎代謝が上昇して 体温が上がり、体力がいつも以上に消耗しています。 また、室内と外の温度差によって 体温調節を頻繁に行う必要になり、 これも体力を消耗する理由の1つです。   それ以外にも、紫外線や太陽の明るさからくる眼の疲れも 体力を減らしていく原因になっていました。 これだけでも、何もしていないのに体力を使っているので 疲れやすくなるのが分かります。 【動画】ちょっとの疲労が蓄積すると、、、極度の疲労感が出てくる。   しかし、問題なのは消耗した体力が、 寝ても一晩で回復しない事にあります。 通常、体力が消耗した場合、睡眠をとる事で回復しますが 寝ても回復しないとなると、次の日に前日の疲れが持ち越してしまう。 これが、何日も続くと『回復しない疲れ』となっているのでした。   【疲れが溜まり過ぎると、背中が硬くなる】 体は疲れが溜まり過ぎると、 まず、背中の筋肉が硬くなります。 さらに、疲れが溜まってくると、 腕の付け根部分の筋肉までも硬くなって 肩が上にあがり、巻き込んだ肩になるので 緊張した窮屈な体になります。   ==================== 【窮屈な体になると出てくる症状】 ・熟睡できない 。 ・熱がこもる。 ・食欲が無くなる。 ==================== 以上のような、熱中症に似た症状が表れるでしょう。 … 続きを読む

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

疲れやすい時の対処法

動画はこちら 疲れるのは本来、悪いことではありません。 疲れるからこそ、ぐっすり眠ることができ、元気を回復することができるのです。 お年寄りが疲れやすいのは、自然の流れにかなったことといえなくもありませ ん。つまり、生きる力が弱くなるにつれ、しだいに疲れて立てなくなり、座れ なくなって、最後は横になって亡くなるのです。けれども最近では、元気であ るはずの若い人や子どもでも、疲れてすぐ横になる人がいます。体力がなく なってきている証拠でしょう。整体法でみれば、腰に力がなくなってきている からだといえます。子どもの場合、肺が弱くなっていることも考えられます。 テレビを見るときでも、すぐ横になるような子どもは、たいてい呼吸が浅いも のです。ひどい場合は、マラソンのあとのように、肩で息をしていることもあ ります。体力がないと、いくら横になっても、また、睡眠をとったとしても、 自力で筋肉をゆるめる力がないため、うまく体から疲れを逃がすことができま せん。したがって、どれだけ休んでも疲れは抜けず、疲労感だけが残ります。 へたをすれば、休めは休むほど、疲れが増してしまうでしょう。こんなとき は、まず体の働きを正常に戻すことが大切です。整体法には自分の背骨に気持 ちを集中して、自分自身の体の状態を整えていく、脊椎行気法という、すぐれ た健康法があります。やり方は、両足を広めに開いて、楽な姿勢で正座しま す。正座ができたら腰を入れ、肩の力を抜いて軽く目を閉じます。そして、 ゆっくりと息を吸います。そのとき、頭のてっぺんから息を吸って、その息を 尾骨まで通すようなイメージで、背骨全体に、気を通していきます。息を吐く ときは、その逆をたどります。今度は、尾骨から頭のてっぺんへ息を吐くよう に、気を戻していくのです。正座ができないときは、イスに腰かけてやっても らってもかまいません。もし、やっている途中で、どこかに引っかかる感じが あれば、気を通すとき、意識してそこを何度か行ったり来たりさせます。その とき、スッとつかえがとれることがあるかもしれません。この感じを得ること が出来れば大成功です。背骨がゆるんで体が温かくなり、気分が良くなってく るでしょう。やがて体調のほうも徐々に整っていき、疲れがとれやすくなりま す。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

痛みを瞬時におさえる方法

動画はこちら!   今回は痛みを瞬時におさえる方法をご紹介します。 痛みというのは神経が過敏になることで起きている状態です。 その痛みを抑えるためにはその過敏の状態を正常に戻してあげなければいけません。 ではどうしたら過敏となっている神経を正常に戻すことができるのか? それは神経に多くの酸素を送ってあげることです。酸素は過敏となっている神経の細胞を正常に戻す効果があります。そのため身体に酸素を送るようにしていくことが大切になります。 以下の方法でそれをすることができます。   ① まず大きく深呼吸をします。 ② 次に手を頭の後ろで組み深呼吸をします。 ③ 最後にバンザイした状態で深呼吸をします。 手を後ろに組んで深呼吸をすることで肺の真ん中に多くの酸素を送ることができます。 次にバンザイした状態で深呼吸をすることで肺の下のほうに酸素を送ることができます。 以上になります。 痛み止めなどを安易に使ってしまうと薬の副作用で余計に身体を悪くしてしまうことがあります。この方法でも痛みを抑えることができるのでぜひやってみてくださいね。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

汗をかいて熱中症対策!!!

今回は、熱中症についてご紹介します。   熱中症というと、高温多湿な環境にいてて体が適応できなくて『めまい』や『頭痛』酷くなると『けいれん』を起こしたりします。また、亡くなられるケースもあります。   そこで、予防法として、水分や塩分をこまめに摂取したりするよに言われていますよね。 ただ、水分もとるだけではなくてしっかり汗として体の外に出していかないといけません。   汗をかきたくないからといって汗をかかないようにしていると、汗をかきにくい体になってしまいます。 その結果、体に熱がこもってしまい熱中症になってしまうケースもあります。 ですので、汗はちゃんとかくようにするのも熱中症の予防になります。 「毎日湯船に浸かる」とか「ウォーキング」をしてちゃんと汗をかいているといざ暑くなっても汗をかいて体の熱をにがることができるようになります。 皆さんも、今年の暑さを乗り切るためにも汗をちゃんとかけるような体を手に入れましょう。 ただ、汗をかいたらしっかりと水分や塩分を摂取してくださいね。   今日の動画です。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

外腹斜筋を鍛えることのメリット

外腹斜筋とはお腹の外側に位置する筋肉の一つで図に示すように肋骨から大転子(足の付け根にある出っ張り)までを形成する筋肉です。 外腹斜筋は主に体を前に倒す動き、前を向いた状態で体を横に倒す動き、後ろを向く動きをサポートしています。 中でも体を横に倒す動きでの貢献度は高く、外腹斜筋が損傷している場合、上手く体を曲げれなくなります。日常生活でも外腹斜筋は自然と使っている筋肉ですので、鍛えておいて損はないでしょう。 逆に外腹斜筋が弱ってくるとお腹に力が入らなくなり腰を痛めやすくなったり、歩いたり立ったりしていてもすぐに疲れてきたりします。 外腹斜筋は体幹の動作に大きな影響を及ぼしているため、鍛えれば鍛えるほど高い負荷がかかった状態でも無理なく体幹を動かせる体に仕上がります。そのため腰痛の予防にも有効的です。 また美しいお腹周りを作るのにも効果的で外腹斜筋を鍛えることでシックスパックが綺麗に形成されます。ダイエットをしたい人にも鍛えてほしい筋肉です。 そこで簡単な運動方法をご紹介します⇒動画はコチラ 動画でも説明したとおりダンベルを両手に持ってやっていただくとより効果的です。 しかし、まずは何も持たない状態からフォームを意識してトレーニングしていただいて慣れてからダンベルなどを持って負荷をかけていくことをおすすめします。いきなり負荷をかけすぎると筋肉を傷める原因になってしまいますので、徐々に鍛えていってください。 是非、実践してみてください!!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。