どうして秋になると食欲がわくのか?

Amebaなうで紹介

食欲の秋と言われていますが、皆様食べ過ぎてしまったりして調子を崩してはいませんか?

秋になると食欲がわくのには理由があります

それは胃液が沢山出てしまうためです

夏の間は胃液の元になる酸が汗として体の外に排出されるのですが

汗をかかない時期になると、体はおしっことして排出しようとします

しかし朝夕の冷えとともに腎臓、膀胱の働きが悪くなりおしっこの出も悪くなってしまいます

そうなると胃液となって分泌されてしまうのです

胃液が多くなると食べ過ぎてしまうだけでなく、むかつきや胸やけの原因となってしまいます

ではどうすればいいかと言いますと…

お風呂で体を温めてあげたり、脚湯とよばれる膝までお湯につかる事をオススメします

気になる方はお試しください

動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

シミを取る体操

今回は、シミを取る体操を紹介します。

 

シミってあるとなんだか老けて見えますよね。

しかし、シミができないようにケアを色々していてもシミができてしまうことがあると思います。

 

そこで、シミを取る方法を紹介します。

 

1、正座に座ります。この時、膝上を帯状の紐などで縛っておきます。縛る幅は開いた膝の内側が骨盤の外側と同じ広さにします。

2、正座の状態で両手で膝を内に寄せていきます。

3、手を上にずらすようにしてパッと放します。この時、膝が腰幅に開きます。

この体操を3回行ってください。

 

皮膚のトラブルは、腰椎1番と深い関係がありこの体操を行うことで腰椎1番に刺激が入り整います。

その結果、シミが取れてきます。

 

ですので、皆さんもシミが気になって気になってきたなという方は試してください。

 

今日の動画です。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

腰痛にお悩みの方への簡単な体操

デスクワーク、立ち仕事などで腰痛を患った事がある方はたくさんいらっしゃると思います。

腰痛は毎日の腰周りの筋肉や背骨、骨盤にかかる負担が蓄積して起こってきます。そんな日々の疲れを取りながら腰痛を解消したいと思いませんか?

今回は腰痛解消のための簡単な体操をご紹介いたします。

 

1.両脚を肩幅より少し広めに開いて立ちます。

2.両手を腰の下の方(骨盤のすぐ上あたり)にできるだけ近くにそろえるようにして当てます。

3.息を吐きながら前へ押していきます。(腰を反らすのではなく手を当てた骨盤を前に押し込む意識で)つま先重心で膝をできるだけ伸ばし、顎が上がらないように注意します。

4.さらにゆっくりと息を吐きながら胸を開き、腰を反らせた状態を3秒ほどキープします。

5.1~4を1、2回繰り返します。

※このときにお尻から太ももにひびく場合は中止してください。

朝起きてからや仕事終わりなどにやっていただければ効果的です。一つ一つの動作を確認しながら丁寧に行い腰痛解消できるように頑張ってください!

⇒動画はコチラ

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

腕の付け根の「コリ」解消法!

肩こりで痛む場所は、人それぞれです。

肩にコリ感や違和感があると
手が届く範囲なら、押したりしてほぐそうとするはずです。

手が届きにくい人の中には、
家の柱や角を使ってゴリゴリと背中をほぐす方も多いのではないでしょうか?

それで、少しでも解消できるのなら良いのですが、
いまいち刺激が足りない、、、。と感じてしまう方もいます。

それは、コリがひどいだけでなく、押しにくいところもあります。押しにくいところは、いくら押しても刺激が少なくスッキリしません。

特に、腕の付け根と肩甲骨の間は、どう押しても押しにくさを感じてしまいやすい場所です。
こういった場所があると、じっとしていても気になって、
集中力が欠けたり、何となく落ち着きが無くなり、仕事でミスをすることも増えます。

 

【そこで、今回は腕の付け根のコリを解消する、簡単な運動をご紹介します!】

①腕を肩の高さまであげます。
②肘を曲げた状態で、肘の上(二の腕あたり)をつかみ、肘を曲げ伸ばしを3〜5回行います。
③今度は、二の腕の中心を指で押した状態で、肘を曲げ伸ばしを3〜5回行います。

動画:腕の付け根の「コリ」解消法

これを行うことで、肘を伸ばす筋肉が、腕と肩甲骨の付け根を刺激して、
コリ感だけでなく腕の疲れも解消します。

パソコンやスマホなどを長時間使っていると、軽く肘を曲げた状態になって
二の腕のあたりが疲れやすくなっています。

この運動で、肩腕の疲れを解消してください^ ^

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

ストレスは胃の大敵

最近、外も涼しくなり、過ごしやすい季節になり、秋らしさが出てきました。

秋と言えば、食欲の秋ですね。

胃もたれ・胃の調子が悪い女性のイラスト(ソフト) | 子供と動物の ...

おいしい食べ物が多く、ついつい食べ過ぎてし

まい消化器に負担がかかってしまいます。

特に胃は、ストレスがかかりやすく、精神的なものもそうですが、食べ過ぎによるストレスもあり

胃の消化能力が十分に働かなくなくなってしまいます。

その結果、胃よりも消化能力の低い腸に負担がかかり下痢として排出されたり、

胃の中に消化不十分の食べ物が残り、口臭の原因となってしまいます。

対策としては、欲求(食欲)に忠実になることが大事です。でも、食べ過ぎるのではなく

腹八分目にすることにより、胃が活動しやすくなるため「もう少し食べたい」と言う気持ちで終えるのも大切です。

本日の動画→https://youtu.be/skKsTo–7rM

 

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

疲れ目の対処法

 

 

 

 

 

 

疲れ目の原因は、いろいろあります。ひとつは、長時間の読書やパソコンワー

クなどによる、目そのものの疲れです。とくに、光の集約であるパソコン画面

を見つめることは、目にとって大きな負担になります。

また、整体法では、目は脳の一部と考えています。脳が疲れると目も疲れま

す。逆にいえば、目が疲れて充血しているようなときには、脳も疲れて充血し

ているのです。

腕や足の疲れから目が疲れることもあります。なお、足の親指は目と関連して

いるので、ここをもみほぐすと目の疲れが解消することもあります。

また、目は腎臓とも関連しています。腎臓は胸椎10番のほか、体温調節に関わ

る胸椎5番とも関連していますから、目が疲れやすい人には汗をかかない、体

温が低いという傾向が見られます。

いずれにせよ、目が疲れるいちばん直接的な原因は、眼球の後ろの血行が悪く

なることですから、上頸の持ち上げで、上頸部の血行をよくしましょう。足の

趾骨間の溝掃除をして、腎臓の機能を高めることも、疲れ目の解消に効果的で

す。

目を閉じて蒸しタオルを当て、冷めたら取り替える処置を数回繰り返すのも、

血行を促す方法として有効です。

・上頸の持ち上げ

1.両手で軽く頭を支えて、親指に頭をのせるようにして上を向く。

2.頭をゆっくりと小さく左右に動かす。

・足の趾骨間の溝掃除

1.両手の親指で足の指と指の間を広げるように、足の甲から指先に向けて、動

かす。片足につき1、2分で、1日2回(朝・晩)が目安。

動画はコチラ

 

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

皮膚の働きと季節の関係

皮膚と肺と腎臓は、呼吸・排泄という働きの上で、非常に深いつながりがあります。

皮膚呼吸という言葉があるように、皮膚はその働きからいうと呼吸器の一部ということもできます。

また、発汗を通して体の中の余分な水分や塩分等を体外に排泄する働きは

泌尿器の働きの変りとなります。

ですので皮膚には、呼吸器と泌尿器の両方の働きが備わっているのです。

夏の間は、汗をたくさんかいて、皮膚から水分や塩分等、いろいろな老廃物を排泄しています。

皮膚が働いてくれる分、泌尿器にかかる負担が軽くなっています。

それが秋にると、涼しくなる上に、朝晩の冷え込みによって皮膚が縮み汗が出にくくなります。そのため、水分・塩分などは尿として排泄されるようになり泌尿器が働くようになります。 

夏は、腎臓の負担が減る季節です。

泌尿器の働きは、体の動きでは、捻る動作と関連しています。

夏は、体の捻る動きがスムーズになり、また活発になる時期です。 

秋になると、空気が乾いてきて、大きくを息を吸い込み、呼吸器が広がってきます。

体の働きが胸に移り、呼吸器が活発に働く時期です。

呼吸器は、体の前後運動と関係しています。秋は、体が前傾して、活動的・行動的になります。

そして秋は、汗をかかなくなるため、泌尿器の負担が増え、また、冷えによって泌尿器が影響を受けるため、捻り動作は不自由になってきます。一方向にだけ捻れて固まり、体を捻る動きが制限されてきます。 

ちなみに、冬は体の運動が少なくなり、エネルギーは頭に上昇します。体のエネルギーが、思考の働きに転換します。

春は、冬の間抑えられていた消化器が動き出すのですが。

消化器の動きは感情の働きと関係します。

消化器が、活発に働きだすので急に下痢をする人が増えます。

感情・消化器は、体の左右運動と関係し、春は重心が左右に偏りやすくなります。

 

動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

胸のつまり、息苦しさを解消するには!?

胸がつまり、呼吸がしにくくて息苦しい。そんな経験はありませんか?

この症状は猫背姿勢により胸が圧迫され肺や心臓に負担がかかりそのような症状が出ることもあります。

なので胸の筋肉を伸ばしてあげることで症状を軽減しやすくなります。

そこで今回は簡単な胸のストレッチを紹介します。

1.イスに座ります。

2.両手を頭の後ろに抱えます。

3.体を反らし胸を開き筋肉が伸びるのを感じます。

4.10秒ほど静止します。

⇒動画はこちら

このストレッチで胸の筋肉が伸ばされ呼吸がしやすくなりますが、一概に全てに効くというわけではありません。肺や心臓そのものに問題がある場合もあります。苦しくて我慢できなければすぐに病院に行ってください。

あくまでも筋肉や骨の歪みが原因の場合にのみ有効なので気を付けて行ってください。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

グーチョキパーで肩腕のだるさを解消!

肩や背中、首が突然、どーんと重たく感じたことはありませんか?

「あれっ?さっきまで、なんとも無かったのに、なんで?!」

意外と、体が突然重たく感じることは経験したことがある人は多いのですが、
その理由が分からないと答える人が大半です。

しかし、特に肩や腕を使ったわけで無いのに痛みが出るのには、
それなりの理由があります。

【理由その①】
筋肉の緊張から急激に脱力に変化する筋疲労。

【理由その②】
指の使いすぎからくる疲れ。

【理由その③】
気圧の変化からくる自律神経などの乱れ。

この3つの中でも特に理由その①が一番多いです。

この脱力後に、
肩こりがきつくなったり、頭痛が続く方もいますが、
元々は、体が疲れすぎている状態になっているからです。

それに気づいていないだけで、
何かホッとした時や、仕事がもうすぐで終わると気が緩んだ時などに

緊張から脱力に変わり、
だるさ、重さとして感じるのです。

今回は、このだるさ、重さを少しでも解消する
グーチョキパー体操をご紹介します。

なぜ、グーチョキパーなのかというと、

・グーは腕や肩に力を入れることができます。

・チョキは、指でよく使う人差し指や中指、例えばマウスのクリックや字を書くとき、箸を使うときに良く使うからです。

・パーは全部の指を伸ばして、「握る」動作から疲れを開放します。

自宅でのテレワークの疲れ解消にも効果がありますのでぜひ試して見てください!

①腕を真っ直ぐ下に伸ばした状態でグー・チョキ・パーをゆっくり行います。
②次に肩の高さでグーチョキパー
③最後に体を丸めた姿勢でグーチョキパー

動画:グーチョキパー運動でだるさ解消

これを繰り返すことで、肩腕の脱力が解消できますよ!
最近疲れが溜まっている方にも、オススメです^ – ^

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

抜け毛の予防の仕方

今回は、抜け毛予防の仕方を紹介します。

 

最近では、高齢者だけでなくて若い年代の人で男女問わず抜け毛に悩んでいる人が増えてきています。

 

抜け毛が多くなると老けて見えやすいので嫌ですよね。

ですので、今回は抜け毛の予防法です。

 

抜け毛の原因は様々ありますが、だいたい頭皮の血液の流れが悪くなり頭皮に栄養が行きにくくなることで抜けやすくなります。

 

ですので、頭皮の血液の流れを良くする方法を紹介します。

方法は、角孫(かくそん)という頭にあるツボを押してもらいます。

場所は、耳をふさぐように畳んだ時に耳の一番上が頭と当たるところにあります。

痛気持ちいいぐらいの強さでいいので5秒から10秒ほど押してください。

このツボは頭皮の血液の流れを良くしてくれますので、抜け毛の予防になります。

 

皆さんも、抜け毛が気になる方や、薄くなってきていると指摘された方はお試しください。

 

今日の動画です。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。