夏の疲れは、あまり言われない「◯◯の増加」も関係しています!

Amebaなうで紹介

猛暑と毎年言われている、最近の夏です。
熱中症のことが多く取り上げられ
「水分補給」「塩分補給」が大切だと
しつこいほどよく言われます。

  • 「水分不足」
  • 「塩分不足」
  • 「体の冷え過ぎ」

この3つの影響で、夏場は体力をうばわれると、
「しんどい」「だるい」「やる気がでない」という体になります。

しかし、体力を消耗するのは、この3つだけではなく、
暑いと感じると汗が出て、体温を調節するのは有名ですが、

 

汗以外に呼吸よっても体温を調節している 部分もあります。

 

呼吸が速くなることで、体内にこもった熱を早く換気して
熱を下げようとします。

 

 

夏の体は「体温管理」も重要だと言われています。


冷えすぎると血流が悪くなるだけでなく、
冷え過ぎた体を温めようと、体力を消費しますし
免疫が下がってしまい、「夏かぜ」になってしまった、、、
こうなってしまうと、暑さで消耗している体力が更になくなってしまいます。

 

そうならない為にも、

体温管理の一つとして、「寒い」と感じていなくても、
自分の肌を触って、冷たくないかを確認するといいでしょう。
思っていたよりも冷えている事がありますよ。

 

《なぜ、呼吸が関係するの?》


これは、マラソンなど運動をした時に、呼吸が早くなるのは、
酸素をとり込むのが一番の理由ですが、体温を下げ、熱で体が動かなくなるのを
防いでいることにも役立っています。

暑い時期に、呼吸数が増えると体が、精神的に興奮状態によりがちです。

そうなると、理由なしにイライラしたり焦りが出たりと
気分的にも肉体的にも疲れてしまうのです。

 

例えば、ボクシングや格闘技などを行うと
短時間で、体力を消耗するのは運動量が多いことで体温が上昇するに加え
精神的に興奮状態になって呼吸が速くなっているのが理由です。

 

「エアコンが効いているから大丈夫」と思っていても、
一歩外に出て暑さを感じると、呼吸数が増え始めます。
それが、日常生活にも影響をしていたのです。

 

そういった方の多くが、呼吸がしにくい胸になっているので
その解消体操をご紹介します!

やり方

  1. 立った姿勢、もしくは座った姿勢で、肋骨の縁を指で押していきます。
  2. 次に肩から胸の中心に向かってやや圧をかけながらさすります。(両肩行います。)
  3. そして、胸の下のところを中心から外に向かって軽くさすります。(両方とも行います)
  4. 最後に深呼吸をして終わります。

動画:『夏の疲れの原因は、水分不足以外に「〇〇の増加」が関係していた!』

 

暑い時に、なかなか疲れが取れないという方は、
ぜひこの呼吸にも注意してみてください!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

肩コリ 腕の疲労解消法!!

動画はこちら

 

今回は、肩コリ、腕の疲れについてご紹介し

ます。

 

長時間、同じ姿勢を続けたり、細かい作業をしてると肩が凝ります。この時肩の周りの筋

肉や関節は硬直しており、血行も非常に悪くなっています。多くの人が経験する不快な症

状の1つですが、肩こりは欧米人にはほとんどありません。

なぜなら背骨がしっかり湾曲していて、腰や首に弾力があるからです。腰や首の弾力があ

ると、上体がよく伸びます。それで肩に余分な力が入らないので、凝らないのです。骨格

自体を変えて症状を取るのは不可能ですが、肩コリ、腕コリを解消するポイントを使えば

コリを軽減させていくのは可能です。

腕の三里を使います。

①親指のつけ根と肘の外側を結んだ線上の肘側、約1/4のところにある。

②そこを逆の4指で小さく左右に動かし、はじきます。

パソコンや事務作業の後、どこでも出来るので定期的にする事をおすすめ致します。

また、ここは食べ過ぎによる胃腸の負担にも効果がある場所です。

肩こりや腕コリがあると、つい強い力で揉みたくなりますが、筋繊維を痛める恐れがある

ので我慢し、この方法で腕から解消するか、蒸しタオルといって患部に直接温めるという

方法があります。試して下さいね。

 

 

 

 

 

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

メガネの跡をシミにしないために

皆さんは、メガネやサングラスを長時間かけた後にメガネのパットの跡が鼻の上についた
ことはないでしょうか?

あれってちょっと恥ずかしいですよね。

 

また、あの跡をそのまま放っておくと数回はいいですが、その回数が増えてくるとだんだんと色素沈着を起こしてしまいシミになってしまいます。

ですので、そのような跡ができた時は速やかに跡を消すようにする必要があります。

 

その方法は、簡単で蒸しタオルを作って鼻の上を温めます。

そうすることで、鼻の周りの血流が良くなり跡がすぐに消えてシミになりにくくなります。

また、目の周りも温められて血流が良くなり眼精疲労にも効果的です。

 

ですので、寝る前に蒸しタオルで温めてあげると効果的ですね。

皆さんもお試しください。

 

今日の動画です。

 

 

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

食べようとする前に・・・。

 

キノコは私たちにとって馴染みのある食材で、日本には約2000種類以上のキノコがあると言われて

います。そのうち約50種類が中毒を起こすような毒キノコとして知られています。年間で100人以上

の中毒が発生しており、死亡者も出ています。食後、腹痛が出るという時は、状況として食中毒が最も

疑われます。症状は大きく分けて3つのタイプに分かれます。日本で1番多いのは胃腸炎タイプです。

これは食後30分~3時間程度で激しい嘔吐や下痢などの消化器症状を出します。なので脱水や

ミネラルの消失が起こることがあります。次にコレラ様タイプという致死率が1番高いものがあります。

6~12時間後に消化器症状が生じて、さらにその後24~48時間後、肝障害や腎障害、そして多臓

器不全へと進行することもあります。最後に神経系タイプと言うものがあります。下痢、嘔吐のほか、

食べて15~30分後、めまい、けいれん、興奮など様々な神経系の症状を起こし、数時間継続しま

す。どのようなキノコが中毒を起こすのかは厚生労働省のウェブサイトに画像と共に詳しく掲載されて

いますので、参考にして下さい。  →「こんなキノコが危険!」

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

クーラーの弊害

暑い日々が続いているので

クーラーに頼ってしまいがちになっていませんか??

そうでなくても

公共施設や店舗、電車やバス等々

至る所でクーラーは使われています。

 

涼しくて気持ちいい♪

でも、ちょっと効きすぎかも…

なんて経験、皆さんお持ちだと思うのですが

クーラーによる弊害は皆さんが思っている以上に多岐にわたります。

・体が冷やされて代謝が下がり、同時に目や喉、鼻の粘膜が冷風によって乾燥してしまうと鼻炎やアレルギー反応が起きる

・足首が冷える→生理不順や婦人科系の不調

・首筋のが冷やされてしまう→頭痛、腹痛、神経痛

・頸椎下部~胸椎上部の冷え→血圧の不安定、目まい、風邪

等など、色々とあります。

上に書いた症状や、クーラーの冷えへの対処方法は

“水分”という経穴(おへその指一本分上)を温めるとOKです。

そうする事で、クーラーの冷えに関係する不調は解決されます。

気になる方はお試しください。

動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

尿酸値の注意だけでは、解決しない『痛風』

風が当たっただけでも激痛が走ると言われる痛風。

一般的に言われるのが、尿酸値の問題がよく取り上げられます。
例えば、ビールや高カロリーの食べ物などに多く含まれるプリン体が
尿酸値が上げてしまうと言われています。

その他にも、”めざし”などの乾燥された食品は、細胞がギュッと縮むことで
小さくてもプリン体が多い場合があるので注意が必要です。

本当にプリン体の取り過ぎなの?

プリン体の多い少ないに関わらず、「肝臓への負担」を考える必要があります
プリン体の影響で尿酸値は上昇しやすいのは確かです。
尿酸は体にとっては有毒な物で、それを肝臓が毒素を中和したり排出を促進して
体に溜まり過ぎないように肝臓が働いているのです。

肝臓が疲れていたり弱っていたりすると、正常に毒素を消せない。
それが結果的には、尿酸が溜まって痛風になってしまうのです。

もちろん、食生活も重要ですが、
そこまで飲み過ぎたり、食べ過ぎたりしてないのに、痛風になるのは
肝臓の働きが弱っているからで、
食生活の他にも、運動なども痛風の予防に繋がります。

今回は、尿酸値が溜まりにくくする体操3種をご紹介します!

【胸椎9番の体操】
①上向きで寝た状態で、左ひざを立てます。

②そして、ひざを内側に倒します。

③そのままの状態で上半身を左に倒して10秒間深呼吸をします。

【胸椎7番の体操】
①正座をした状態で、体を後ろに倒します。

②今度は足首を持って体を少し浮かせ10秒間そのまま深呼吸をします。
※7番の体操はできる範囲で構いません。膝などが痛い方は、無理を伸ばしても大丈夫です。

【胸椎8番の体操】
①足を広げた状態で上向きで寝ます。

②お尻を床から離さないように体を左に5秒間ねじります。

③次に右に5秒間ねじり最後は「まっすぐの状態で10秒間深呼吸をして終わります

動画:「痛風を改善する方法」

これのポイントは9番→7番→8番の順番にするのが重要です。
基本は食生活が大切ですが、この体操を使ってより健康になって下さい!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

むくみ解消法!!

動画はこちら

 

むくみは、正式には浮腫といわれるふくらみや腫れが

起きた状態の事で、体の末端部である足や手、特

に足に症状が出る人が多く、足が重く感じたり、

靴がきつくなったように感じて分かります。

整体法では、むくみを一種の血行障害ととらえ、

正常ならばスムーズに流れる血液や体液、老廃物が滞り、心臓からもっとも遠い足にた

まってしまう事で起こると考えられています。これは、心臓が行うポンプの働きの衰え

や、腎臓や肝臓の機能が落ちているとも考えられています。

むくみは、立ちっぱなしで作業した夕方などに起こることがありますが、これも心臓の働

きが弱く、血液や体液の循環が悪い為に起こってくると考えられています。

今回は、心臓の持つポンプの働きを助ける体操をご紹介します。

①座った状態で足を前に出し、くるぶしの周辺を持ちます。

②その状態でつま先を前後に動かすことによって、足首を上下に動かします。

足首の関節が硬くなって、そこに老廃物が溜まると心臓に負担がかかります。

この体操で柔らかくする事で、たまっていた老廃物が肝臓や腎臓でろ過され、

循環をよくします。

また、足首から下を温める「足湯」も効果的な方法です。

試してみて下さいね。

 


 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

ジューンブライドあるある?

 

指輪を長時間つけていて抜けなくなることがあります。指輪が抜けなくなるということは、指輪のサイズ

に比べて指のサイズが大きくなったり、指の関節が太くなってしまったりするためです。指のサイズが

大きくなる原因には、指のむくみによるものと、体重増加などに伴ってなるものがあり、指の関節が

太くなる原因には関節の捻挫や、自分自身でポキポキ音を鳴らしてしまうことがあげられます。

また、蚊などの虫に刺されてしまい、部分的に大きくなることがあります。指輪のサイズが指のサイズ

と合わなくなってしまっているのに、抜けにくいという理由で長期間つけたままにしている場合もあると

思いますが、それを長時間はめ続けると、圧迫によりリンパなどの流れが阻害されてしまい、より一層

手指が腫れて、さらに抜けにくくなる原因となります。なので、抜けるうちに抜いておくことをオススメ

します。ほんの少し抜けにくくても、石けんで手を洗いながら抜けたり、潤滑油を使うぐらいで済む時に

抜いておいた方がイイと思います。  →「自分で抜く方法その1」

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

実は大事な“ビタミンD”皆さん、ご存知ですか??

最近のデータで“ビタミンD”が不足気味との統計が出ているのですが。

ビタミンD?と言われても

どんな働きをしているのかピンとこない人が多いのではないでしょうか。

・免疫力の向上

・筋肉の強化

・カルシウムの吸収

・骨の合成

見えない所で色々と働いてくれています。

ビタミンなので食べ物から吸収されるのですが

意外な事に“日光浴”をする事で体内で合成されます。

ですので

・美白を気にして紫外線を避ける女性

・家にこもりがちな人

 

が多い現代社会では仕方ないのかもしれません。

ですので。

一日30分程度の日光浴

又は

魚(サンマ、アジ、サバ、シャケ)やキノコ類に含まれているので、気を付けて摂取するようにしましょう。

肉類や穀物には含まれていないので要注意ですよ。

動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

「イタッ!」足に力を入れると股関節に痛みが走るワケ

普通に歩くと、特に痛みは出ない。
しかし、階段や自転車、速く歩こうと踏み込んだら
痛みを感じる。そういった、痛みをそのままにしていませんか?

歩き方や使い方によって、痛みを強く感じる時がありますが、
その主な原因として、「動きによって筋肉が張る所が違うから」です。

同じ「歩く」でも速く歩く時とゆっくり歩く時では、
筋肉にかかる負担が違いますし、筋肉の張り具合も変わる事で
痛みが出てきます。

それぞれ、痛めている場所の違いで
動きによって痛みが出たり出なかったりする理由の一つです。

だから、「普通にしていれば、痛くないし、、、」と思ってそのままにしておくと、
普通に使っても痛みが出てくるようになって、
後々、後悔する方も多いうようです。

痛みが出ないようにと、
変な歩き方や使い方を意識せずに行った結果

普段の使い方では問題が無くても、

とこかで痛みを感じた時は、どこかに問題が発生しているので
速やかに治療をする事をお勧めしますが、

その前に、
この体操を行ってみて下さい!

【やり方】

  1. 足をまっすぐに伸ばします。
  2. 足首を曲げてシワができる所を指で挟み足首の上まで押していきます。
  3. 次にもう一度足首を挟みながら、足首を曲げ伸ばしします。(4~5回)
  4. 最後に足首を挟みながらグルグルと回して終わりです。

動画:股関節のでっぱりや階段や足に強く力を入れると股関節が痛くなる人の話

これを繰り返ししていると、足の重心がまっすぐになり、
股関節に負担がかかり難くなりますよ!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。