扁桃炎の対処法

Amebaなうで紹介

動画はこちら

 

 

 

 

 

 

 

扁桃炎は主に子どもに起こり、のどの痛みだけでなく高熱や悪寒、頭痛などの症状が激

しくあらわれるのが特徴です。扁桃炎は、のどの奥にある扁桃腺に溶連菌や連鎖球菌、ブ

ドウ球菌などの細菌がついて起こります。

扁桃炎には、急性のものと慢性のものがあり、急性扁桃炎を繰り返すことで慢性化しま

す。慢性化すると扁桃に細菌が常に存在するようになってウミがたまり、いつものどに軽

い痛みを感じたり、首のリンパ節が張れるようにもなります。

整体法では、西洋医学のように扁桃だけに異常が起こっているとは考えずに、泌尿器系

統である腎臓の働きが悪くなって、それが扁桃に悪影響を及ぼしているとの見方をしま

す。これは、慢性的な扁桃炎の人の多くが、慢性的な腎臓病をかかえているという状況か

らもわかることです。

西洋医学では以前、扁桃炎を繰り返す子どもの扁桃を摘出する手術が数多く行われてきま

した。扁桃は、のどから細菌などの悪ものが侵入してこないように、門番の役割を担って

います。そこが炎症を起こすということは、熱を出して菌をやっつけ、それ以上からだの

中に入らないように守るという重要な働きをしているのです。それを、炎症が起きたから

と簡単に取ってしまうのは怖ろしいことです。

扁桃炎では、痛みが非常に激しい急性と、慢性の場合では対処法が異なります。急性扁桃

炎の痛みを取りたいときには、蒸しタオルを直接のどの痛い部分に当てるといいでしょ

う。一方慢性化している扁桃炎では、老廃物がたまり腎機能が低下している可能性がある

ので、部分浴のひとつである「足湯」を1日2回朝夕行うと効果的です。

①急性の痛みには、のどに蒸しタオルを冷めるまであてます(数回繰り返す)。

②発汗をうながすためにコップ一杯の水を飲みます。くるぶしの半分から下をやけどし

ない程度の高温(45度前後)のお湯につけ、足が赤くなるまで浸します。

一度試してみて欲しいと思います。

 

 

 

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

気のせいかな?

 

脊柱管狭窄症は、圧迫される神経の部分によって症状の現れ方が違います。代表的なのは神経根型

です。神経根とは、脊髄の末端部分である所から左右に枝分かれした神経の根もとのことで、ココを

骨や椎間板、靭帯などが圧迫し、痛みやシビレが起きます。神経根は左右に1つずつありますが、

両方の神経根が同時に圧迫されることはそうありません。たいていは左右のどちらか一方に痛みや

シビレが出ます。神経根型の症状の特徴は、腰に痛みがあることもありますが、多くはお尻に痛みを

感じると言われること。ひどくなると、足に力が入りにくい、つまずきやすいといった症状が出ることも

あります。また、皮膚の感覚が鈍く感じられる部分が出てくる場合もあります。特に、ふくろはぎの

外側や後ろ側、足などを触っても感覚があまりハッキリしない人もいます。そして、歩いていると段々と

痛みやシビレが強くなり、歩けなくなるが、休憩すると、それらが軽減し、また歩けます。この様な特徴

が神経根型にはあります。少しでも、これらに当てはまる人は医療機関に相談することをお勧め

します。  →「こんな座り方は?」

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

これからの時期に気を付けたい『冷えと乾燥』の関係

寒くなってきたこの時期に気を付けたいのは

冷え

乾燥

です。

夏のように暑い時は喉が渇いて乾燥している事を教えてくれますが、外が寒い季節になると乾燥している事を感じにくくなってしまいます。

これからの時期の乾燥のサインは

“口の周り”がカサカサしたり、皮膚が白っぽくなっている

のが乾燥を教えてくれているのです。

 

そしてこれからの時期、多い悩みに

頻尿

むくみ

があります。

実はこれらも乾燥が関係しています。

まず頻尿についてですが…

体の水分が減ってくるとおしっこが濃くなります。

おしっこは体に害がありいらない物なので外に排泄したがります。

濃くなれば濃くなるほど外に出そうとする働きが強くなり

尿意に繋がるのです。

これが頻尿と乾燥の関係です。

次に“むくみ”ですが

体に水分が足りなくなってくると少しでも体に保とうとして

外に水が出ないように働きます。

それが必要以上に体に水分がたまり過ぎてむくみに繋がります。

どちらの場合も水分不足が関係していて

飲み物をまめにとっていると段々治ってきます。

最初のうちは水分をとっても直ぐに出て行ってしまうのですが

1週間~10日ぐらいで改善されていきます。

気になる方はお試しください。

動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

風邪の引き始めに行うと良い体操。

風邪というと、ビタミンCがよく取り上げられます。

ビタミンCにはビタミンPというものが
欠かせないのをご存知でしょうか?

ビタミンCは体の酸化を押さえる、「抗酸化作用」があります。

 

ビタミンCは熱に弱い特徴があり、
安定しにくく、壊れやすいのですが、それを安定させるのが
ビタミンPの役目になります。

また、ビタミンPは
毛細血管を丈夫にしたりコレステロール値を下げる効果もあります。

このビタミンPはどこにあるかというと、

例えば、みかんを食べようと皮をむいた時に
出てくる白い糸みたいなところに多く含まれています。
あと、薄皮にも多いそうです。

薄皮を取って食べるより、そのままで食べる方が
ビタミンCの吸収がしっかりできますね!

また、
風邪の引き始めに肩こりが強く現れる事がありますが、

これは、鎖骨や肩の関節がズレてしまうからです。
もともと、体がゆがんでいる状態から
さらに、ズレてしまうので肩のバランスが崩れてしまいます。

その結果、

肺や気管を圧迫して、菌が侵入しやすくなって
風邪をひいてしまうのです。

免疫力の低下や冷えだけではないので
日頃、肩こりなどがある方は、風邪にも注意が必要です。

【風邪のひき始め体操】

  1. 鎖骨の内側から指2本分外側を軽く押して刺激します。

  2. 次に、肩と肘の上1/3を押して刺激します。(1〜2を3回繰り返します。)

  3. 最後に足の親指、小指以外の3本の指を曲げ伸ばしして血行を良くします。

 

【動画】 風邪の引き初めの体の対応法

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

目の疲れを取りたい時に試してほしいこと

みなさん、目は疲れていませんか?

最近では、仕事でパソコンを使い通勤の間はスマホを見ているという方が多いと思います。すごい目を酷使していますよね。

そんなに目を使っているとやっぱり疲れてきます。

 

そんな時はどうされますか?

蒸しタオルで目を温めるのもいいですね。

目を1分程閉じるのもいいですね。

ただ、手っ取り早いのは目薬だと思います。

しかし、目薬を差した後目をパチパチしてしまっている人がいてます。

目薬を差してすぐに目をパチパチしてしまうと目から鼻に目薬が流れてしまいます。

ですので、目薬を差した後は目を閉じて目頭より鼻側を押さえておきます。

そうすることで目薬が鼻に流れずに目を潤してくれます。

 

皆さんも、目が疲れて目薬を使う時はお試し下さい。

 

今日の動画です。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

腰は予防することが大事です。

 

背骨の中でも腰の所の骨は、1本の柱のようなもろい構造になっています。肋骨で覆われて、その中

で背骨としてある所や、骨盤の中の一部分としてある背骨に比べると、腰の骨はそこで常に約20㎏

~30㎏もある上半身を支え、さらに腰の曲げ伸ばしなどを行なう運動器としての役割も担っていま

す。そのため、歳を重ねるごとに腰の骨への負荷は蓄積され、やがて骨の変形やズレが生じてきま

す。1つの骨自体が変形してトゲのような物が出てきたのが「骨棘」です。それが神経を傷つけてし

まったり、圧迫することがあります。通常、背骨は上下の列が整列していますが、様々な負荷がかかる

ことによって背骨が前後にズレることがあります。これを特に「腰椎すべり症」と呼びます。これらが

重症化して生活が困難になってきて、神経がかなり傷んでいると考えられる場合は手術に踏み切る

ことがあります。とは言え、手術はあくまでも痛みや痺れの原因となっている神経の圧迫を取り除い

て、神経の回復を期待するものであって、傷んだ神経を直接修復して治すものではありません。

場合によっては、術後も痺れなどの症状が残ってしまう事もあります。また、手術で症状がなくなった

のに、しばらくして再発することもあります。ですから、自分で予防出来ることは自分でした方がイイ

ですよね。  →「自分で予防は出来ます」

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

秋は知らないうちに○○してしまうので、注意が必要です

もうすぐ11月ですね

この時期になると、人によって差はあるものの 体が「乾燥」によって影響を受けるようになってきます。     その理由は… 空気が乾燥すると知らないうちに体から水分が出て行ってしまう為です。   皆さん経験した事があると思うのですが 寒いところで「ハー」と息を吐くと白くなりますよね、あの正体は水蒸気なのです。 

寒くて乾燥したところにいるだけで知らないうちに水分が出て行ってしまい、

いつの間にか水分不足になってしまいがちなのです

体が乾燥すると色々な影響が出てしまいます。

皮膚が痒い、咳が出る、鼻水、鼻づまり、胃の痛み、頻尿、便秘、むくみ、喘息発作の原因、筋肉のこわばり、神経痛やリウマチ等々

色々な症状に関係しているのです。   夏のように「のどが渇いた」と感じないので 意識して水を摂るようにしておかないと、ついつい忘れてしまいがちになってしまいます。 じゃあ気を付けて水分を摂っておけば良いのか、と言うとそうでもなくて。

何から吸収するかも大切になってきます。

今の時期は、汁物、スープ類などの温かい水分が体に吸収されやすいです。

“美味しい”と感じるもので塩気のあるものがgoodです。

ちなみに、上記の飲み物の吸収がよいのは年内いっぱいくらいです。 年が明けたころには純粋な「水」 以外は吸収が悪くなってしまいます。

体調が気になる方は是非お試しください。

動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

こむら返りにはこの体操

動画はこちら

 

 

 

 

ふくらはぎの筋肉がけいれんし、痛みを感

じるのが、こむら返りです。この状態を「足が、つる」と表現する人もいます。

睡眠中や、足を動かした直後に起こりやすい傾向が見られます。また、筋肉の弱い人が

急激な運動をしたときや、妊娠中の人や糖尿病の人もこむら返りを起こしやすいようで

す。

これはこむら返りが、筋肉の硬直を起こしているときに起こるからです。

睡眠中に起きるのも、体が休んでいることで、ゆるんでいる箇所と、ゆるみにくい箇所

との格差が大きく出て、この格差が筋肉の硬直を生むからです。

そのため体全体に硬直がある人、とくに老人の様な体はゆるむ箇所がないため、こむら

返りはまず、起こらないのです。

さて、整体法では、このこむら返りを腰が疲れたときに起こるものと考えています。腰

が疲れてこわばり、ゆるみが悪くなって、足の裏側の筋肉を硬直させるのです。

とくに、骨盤が下がった状態で腰がこわばると、ひんぱんにこむら返りが起こってしまい

ます。また、寝ているとき、普通なら体全体がゆるむのですが、ほかの部分はゆるんで

も、ふくらはぎの筋肉だけ硬直が残るようになります。

そして、ゆるんだ筋肉と硬直した筋肉のあいだに生じる落差が、痛みのもととなるので

す。寝入りばな、あるいは明け方にこむら返りが起こりやすいという場合は、たいていこ

のタイプです。

こむら返りが起こったときの応急処置としては、まず、ひざを抱くようにして、腰の筋

肉を伸ばすことが先決です。大元である腰の筋肉をゆるめれば、足の裏側の硬直はとれま

す。

一般には足の親指を甲側に引っ張る方法がいいといわれているようですが、つま先は足

裏側にまるめる方が、足の裏側の筋肉がゆるみます。

痛みが残るようなら、ふくらはぎに蒸しタオルを当てます。温かい蒸しタオルを当てて、

冷めたら取り替える処置を、数回繰り返しましょう。これで痛みを一掃することができま

す。

①ひざを抱えるように曲げて、腰を伸ばしてゆるめる

②あお向けに寝たままやってもOK

一度試してみて欲しいと思います。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

夏に失った水分は、涼しくなった秋こそ補給するべき!

涼しさから、寒さへと変わってくる秋の季節は
夏の疲れが出てくる時期でもあります。

特に、水分補給は秋になっても忘れてはいけません。
本来、体に貯蔵されている水分が夏の暑さで
思った以上に消耗していますので、涼しくなる秋にしておかなければ
冬になると「肌の乾燥」を引き起こしたり、
「足がつる」などの症状が出やすくなります。

冬場の肌の乾燥は、空気が乾燥しているだけでなく、
夏の水分不足からもこういったものが出てくるのです。

それ以外にも、腰痛や肩こりも水分の少なさからも
痛みが出てくる事もあります。

それは、水分が少ないと筋肉の柔軟性が少なくなり、
血流が部分的に極端に悪くなるのが、
体にあらゆる不調を引き起こしているのです。

のどが乾いていなくても、しっかり水分補給をして
体を潤しておくことが、冬に向けての体の準備の一つになりますよ!

秋の水分補給を助ける体操

  1. お尻の上の部分を親指で腰に向って押します。(5回ぐらい)
  2. 次に上向きで寝て足首を曲げる所まで曲げます。
  3. そのまま足を5㎝ほど持ち上げます。
  4. それから、大きく深呼吸をして、息を吐ききったところで足をドンッと下します。

動画:【冬のお肌の乾燥も助ける!水分を吸収しやすくする体操】

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

イライラを抑える簡単な方法

みなさんは、イライラした時はどうしてますか?

イライラする!腹が立つ!というのは皆1度は感じたことがあると思います。

そのイライラする感情を爆発させてしまって物に当たったり大声で怒鳴ったりしてしまうと周りの人たちと気まずい雰囲気になり余計にイライラしてしまいますよね。

 

そんなことをしてしまうと、仕事でも勉強でも良いパフォーマンスを発揮できないですよね。

そこで、今回そのイライラを抑える方法を紹介します。

まず、

1つ目は、10秒我慢する!

イライラする感情は1時的な感情で研究によると6秒程しか持続しないんですね。

ですので、10秒我慢してください。

2つ目は、手首から指先までを洗う!

嫌なことは水に流すと言いますが、本当に手首から指先までを水で流すとイライラも水に流れてスッキリします。

皆さんも、一度イライラすることがあればすぐに爆発させずに試して欲しいと思います。

 

今日の動画です。

 

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。