顔色の悪さ・目の下のクマ対策

Amebaなうで紹介

 

顔色を見れば、その人の健康状態が、ある程度わかります。とはいっても、顔

色から受けるイメージはもともと皮膚の色にも影響されます。

例えば色黒の人の場合だと、顔色が悪くなっても、注意深く見てない限り、気

づくのは困難です。つやの良し悪しで健康状態を判断しましょう。逆に、血管

が青く透けて見えるほどの色の白い人は、実際には健康であっても、あまり元

気がよいようには見えないものです。

また、血圧が高い人は顔色が赤っぽく、血色がよいように見えますが、これが

すなわち健康であるとはいえません。

そこで、ここでは血液の循環がよい人のことを「顔色がよい」と考えることに

します。逆に「顔色が悪い」というのは、低血圧などで血流がとどこおってし

まったため、顔色が青白いような場合を示します。

さて、睡眠不足や過労でも血液の循環はとどこおりますし、女性なら月経の時

は血液の循環がとどこおりがちになります。こんなときは原因になる状況を解

消すればよいのですが、とくに思い当たる原因もないのに、いつも顔色が悪い

というなら、それは全身の血流がとどこおっているのかもしれません。

手足が冷たい、立ちくらみがするなどの症状があれば、まさにそれに該当しま

すから、脊柱を緩める体操を行いましょう。全身の血流がよくなるのに伴っ

て、顔色も次第によくなってきます。

蒸しタオルを手足に当てるのもよい方法です。血流がとどこおりがちな末端部

の血液の流れがよくなれば、全身の血流が改善されるからです。蒸しタオルを

手足にあて、冷めたら取り替える処置を、数回繰り返しましょう。

脊柱をゆるめる体操

1.手を前からゆっくり上へ上げ、両手足で背骨を思い切り伸ばす。このときら

アキレス腱は伸ばし、かかとを突き出すようにする。

2.背骨を伸ばしきって2、3呼吸耐えたあと、全身の力をポンと抜く。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

足の疲れとむくみに悩む人、必見!!

仕事で座りっぱなしや立ちっぱなしなどで足がよく疲れる、むくむという悩みをお持ちの方はたくさんいらっしゃると思います。

そんな方達に朗報です!今回はそのような悩みを持つ方たちにとっておきのストレッチをご紹介したいと思います。

それは太ももの裏のハムストリングスという筋肉を伸ばすストレッチ法です!

ハムストリングスを伸ばすことにより全身の血行が良くなり足の疲れやむくみの解消に繋がると言われています。

ではやり方を紹介していきます。

1.あお向けになり、両ひざを立て、足を腰幅に開きます。両手は体の横に添えてリラックスします。

2.片方のひざを軽く曲げて、両手を使い胸に引き寄せます。

3.両手を足首のほうにスライドさせて、ラクな位置で足を支え胸のほうへ近づけます。ひざは軽く曲げたままでOKです。太ももの裏側が伸びたところで10秒ほどキープします。

4.反対側も同様に行います。

⇒動画はコチラ

ハムストリングスを伸ばせば、全身の血流が良くなり足の疲れとむくみの改善に繋がるとともに安眠モードにも入りやすいと言われています。就寝前に行い、睡眠をしっかりとって、明日に備えましょう!是非、頑張ってみて下さい!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

梅雨の時期はなんだか調子が悪い…そんな時の原因と対策方法

梅雨の季節はどうも調子が悪くなりやすい

身体も気持ちもすっきりしない…

そんな方はいらっしゃいませんか?

この季節になると

・持病の腰痛がひどくなる

・めまい、ふらつきがでてくる

・体が全体的におもくなってしまう

・気分が落ち込み気味でやる気がでない

・おなかの調子が悪くて下痢気味になってしまう

等など、色々な不調に悩まされている方がいらっしゃいます

どうして、今の時期はさまざまな不調が現れてしまいやすいのでしょうか??

その原因は…

気候や気圧の変化が激しい事

が大きく関係しています

気候や気圧が変化した時、体はその変化によって体調に支障をきたさないようにするために体の状態をコントロールします

例えば

気温が上がった時は体温が上がり過ぎないようにする為に汗を出そうとします。そうする為に汗腺を開いたり、皮膚を伸長させて熱が逃げやすいように信号を出します

そして、このような体の状態のコントロールは“自律神経”によっておこなわれています

ただ、あまりにも気圧、気候の変化が多い、大きい時は自律神経に負担がかかり過ぎてしまい、ちゃんと働かなくなってしまいます

そうなってしまうと外界の環境に体が順応できなくなってしまい色々な不調が起こってしまうのです。

また、そのように体の状態を上手くコントロールできない状態だと

エアコンの影響

昼間と夜の寒暖差

湿度の変化

の影響を受けやすくなり、症状がより重くなってしまったり、不調が長続きしてしまう事もあります

では、どうすれば自律神経を良い状態で保つことができるのでしょうか??

早寝、早起きをして生活のリズムを整える

寝入る3~4時間前には食事を済ませておく

甘いもの、刺激物、極端に冷たいものは控える

等です

調子が悪くなりそうだなと不安な方

毎年調子を崩してしまいがちな人はお気を付けください

動画はこちらから

 

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

汗が出ない、疲れが取れない

疲れている人は、決まって姿勢が悪くなっています。

肩が下がり前かがみになり、肋骨が動きにくくなり、呼吸が浅くなり、ため息が多くなるます。また、汗をかけない人も多くなります。このような複合した場合、多くの背骨が硬直しています。

そして、そのような背骨を確認すると胸椎5番が硬直している事がい多いです。ここは汗と関係する場所です。また胸椎3番、4番も硬直しています。3番4番心臓や肺と関係しているため、硬直すると心肺機能が低下して血流が悪くなり呼吸も浅くなります。酸素や栄養が全身に行き渡りにくい状態であります。

老廃物を排出する汗も十分に出ていない為、血液をろ過し、浄化する腎臓にもかなりの負担がかかってしまいます。

これがカラダの疲労へと繋がります。

では、胸椎3番4番を硬直させ、前屈させる原因はどこにあるのでしょうか...

 

その根本となる原因は、その人によって大きく異なります。

例えば、僧帽筋や肩甲挙筋などへ硬直が伸びていれば、腕の疲労が原因になり得ますし、後頭部まで硬直していればストレスも関係してきます。また、日常的な食べ過ぎなどによる胃腸の疲労も前屈しやすい原因になり得ます。

あらためて生活習慣を見直してみる事が大切です。

 

カラダが疲れやすいのは筋力が足りないからだと思われる方も多くいます。もちろん筋力を付けようと運動をすることは良い事ですが、時としてオーバーワークになる事もあります。全身の力を抜くようにリラックスする事もお忘れなく。

 

今回は、リラックスする方法として『カラダと向き合う呼吸法』をご紹介いたします。

吸う時 → 背骨を意識して上から骨盤に向けて呼吸を流していく。
吐く時 → 反対に骨盤から背骨を通って頭の先から出ていく。

このようなイメージで行います。

もし、カラダに悪い所があると思うように呼吸が流れてくれません。そのような時は、何度も繰り返し呼吸を行いましょう。

是非動画もご覧ください!動画はコチラをクリック

 

 

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

便秘の対処法

 

 

 

 

 

便が出ないために、苦しい、お腹が張る、肌が荒れるなどの不快感があると

き、それを便秘といいます。逆に、何日か便が出なくても体調に全く問題がな

いなら、それをあえて便秘という必要はありません。排便のリズムには個人差

があるので、毎日排便がないからといって、それが必ずしも便秘であるとは限

らないのです。

整体法では便秘を、消化器系全体の問題として、あるいは、神経的な問題(ス

トレスなど)が原因と、とらえています。健康であれば、空腹時に体を動かす

ことで、胃や腸が活発にぜん動運動を始めて排便反射が起こり、便意が促され

ます。

しかし、胃腸の動きが衰えてくると、消化器がみずからのぜん動運動で、食べ

物を送ることをしなくなります。ですから、食べ物を口からさらに入れて、そ

の分、便を押し出そうなどと考えて大食いするのは逆効果ですからやめましょ

う。

こんなときは少し辛いかもしれませんが、しばらく食べる量を減らしてみま

す。胃腸は空腹を感じるとき、もっとも活発に機能しますから、やがて正常な

排便活動ができるようになります。

応急処置としては、直腸を刺激する体操(左足を曲げて伸ばす体操)がおすす

めです。これは、左足のももで直腸に刺激を与え、排便を促す方法です。

直腸を刺激する体操

1.あおむけに寝て、左膝を深く曲げる。膝頭を、へその真上あたりにくるよう

に両手で抱え込む。

2.左足は伸ばす方向に、手は足を抱える方向に力を入れ、ここで力をためるて

つま先は外側にして足首を固定。

3.手を離して左足を勢いよく伸ばす。このとき全身が脱力した状態になって

る。1回につき1、2回、1日2回(朝・晩)が目安。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

デスクワークで腰が疲れる方達へ

デスクワークで長時間座ってばかりで腰やお尻周りが疲れてくるという悩みをお持ちの方はたくさんいらっしゃると思います。

同じ姿勢で長時間居ると筋肉が動かない状態になり血流が悪くなり凝り固まってしまいます。座りっぱなしで一番影響を受けやすいのは腰やお尻の筋肉です。

その中でも中殿筋というお尻の筋肉は体がいがんだり前かがみになるのを防ぐ大事な筋肉でこの筋肉の疲れを軽減することでデスクワークにおける腰やお尻の負担を軽くすることができます。

 

今回はその中殿筋のストレッチ法をご紹介したいと思います。

1.いすに座って、左足首を右ひざにかけます。

2.左ひじで左ひざが上がってこないように押えます。

3.右腕をだらりと前に垂らし、自分の体の重さ使って上体を前に倒していきます。

4.反対側も同じように行います。

※上体を前に倒していくときは息を吐きながらゆっくりと倒していってください。

 

仕事の合間などにも簡単にできるのでオススメのストレッチ法です。デスクワークで疲れてる方達は是非、すぐに実践してみてください!⇒動画はコチラ

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

梅雨を過ごす前に準備しておきたい事

梅雨が近づいてきましたが、みなさんいかがお過ごしですか?

どうも梅雨の時期は体調を崩してしまう

じめじめしてくると気持ちまで重くなってしまう

と言う方、多いのではないでしょうか?

どうしてそのような事が起こってしまうのかといいますと

人間の体は梅雨の時期になると、汗をかきやすい体に変化します

じめじめとして空気中に湿気が多くなると、汗をかきにくくなってしまうので

でも、体の中にあるいらない水分をなんとか外に出すために

いつもの時期よりもより汗が出やす体に作り変えるのです

しかしながら、肋骨の動きが悪いと汗をかきたいのに汗をかけない状態になってしまうのです

その状態がだるさ、頭痛、のどの不調、むくみ等

の原因となってしまうのです

ですので、汗をかきやすい体にして、肋骨が動くようになると不調は解消されることになります

汗を上手にかくためには…

胸椎の5番(肩甲骨の間にある背骨)を刺激すると良いです

自分でこすっても、人に叩いてもらっても良いので、そこを刺激すると汗をかきやすくなります

またその部分は呼吸にも関係しているので一石二鳥になります

気になる方は是非お試しください。

 

動画はこちらから

カテゴリー: 今、思うこと・・・ | コメントは受け付けていません。

きれいな姿勢になるために必要なこと

日常生活において座ってたり、立ってたりして気が付けば体が丸くなってしまい姿勢が悪くなってしまっているという経験のある方、多いと思います。

またデスクワークなどにより画面を凝視したりしてどんどん前かがみになり猫背姿勢になる方もたくさんいらっしゃると思います。

みなさんが共通して思うことはいい姿勢をキープしたいが、保持するのがつらいといったことではないでしょうか?

そんな方たちに朗報です!

簡単に良い姿勢をキープできて、体幹の運動にもなるオススメの方法があります!

まず手順を説明していきます。

1.椅子に腰かけます。手はだらんと下げます。

2.軽く背すじを伸ばして肘の内側を外に向けると自然と胸が開けていきます。

3.この状態をキープします。

⇒動画はコチラ

今回は座った状態の説明をしていますが、立った状態でも同様にできます。

デスクワークの方なども仕事の合間にしていただければ有効的です。

常日頃、きれいな姿勢を心がければ猫背改善、健康維持に繋がります!是非、頑張ってみて下さい!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

こむら返りの対処法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふくらはぎの筋肉がけいれんし、痛みを感じるのが、こむら返りです。この状

態を「足が、つる」と表現する人もいます。

睡眠中や、足を動かした直後に起こりやすい傾向が見られます。また、筋肉の

弱い人が急激に運動したときや、妊娠中の人や糖尿病の人もこむら返りを起こ

しやすいようです。

これはこむら返りが、筋肉の硬直を起こしているときに起こるからです。

睡眠中に起きるのも、体が休んでいることで、緩んでいる箇所と、緩みにくい

箇所との格差が大きく出て、この格差が筋肉の硬直を生むからです。

そのため、体全体に硬直がある人、とくに老人のような体は緩む箇所がないた

め、こむら返りはまず、起こらないのです。

さて、整体法では、このこむら返りを腰が疲れたときに起きるものと考えてい

ます。腰が疲れてこわばり、緩みが悪くなって、足の裏側の筋肉を硬直させる

のです。

とくに、骨盤が下がった状態で腰がこわばると、ひんぱんに、こむら返りが起

こってしまいます。また、寝ているとき、普通なら体全体が緩むのですが、ほ

かの部位は緩んでも、ふくらはぎの筋肉だけ硬直が残るようになります。

そして、緩んだ筋肉と硬直した筋肉のあいだに生じる落差が、痛みの元となる

のです。寝入りばな、あるいは明け方にこむら返りが起こりやすいという場合

は、たいていこのタイプです。

こむら返りが起こった時の応急処置としては、まず、膝を抱くようにして、腰

の筋肉を伸ばすことが先決です。大元である腰の筋肉を緩めれば、足の裏側の

硬直はとれます。

一般には、足の親指を甲側に引っ張る方法がいいと言われているようですが、

つま先は足裏側に丸めたほうが足裏の筋肉が緩みます。

こむら返りが起こった時の応急処置

1.膝を抱えるように曲げて、腰を伸ばして緩める。

2.仰向けに寝たままでやってもOK。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

手っ取り早く太ももを細くする方法

今回は、太ももを細くする方法を紹介します。

 

これから段々と暑くなり足を出すことが多くなる季節だと思います。

そうなると、太ももの太さが気になりますよね。

 

ですので、今回は太ももを細くするエクササイズを紹介します。

方法は、

①腰に手を当てて立ちます。

②股関節を真横から前に回すようにもも上げをします。

③左右交互に行います。10から15回を目安に行ってください。

お風呂上りに行うと効果的です。

 

このエクササイズで股関節周りの筋肉を動かせますので、血液やリンパなどの流れが良くなりますので太もものむくみや脂肪を落とすことができます。

 

皆さんも、太ももの太さが気になる人は1度お試しください。

 

今日の動画です。

 

 

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。