身体にイイ食材を朝昼晩いつ摂れば?

Amebaなうで紹介

 

腸を元気にする、回復させるポイントは大きく分けて2つあります。まずは、腸内細菌を活発にすること

です。腸には3種の腸内細菌が生息しますが、理想は多くの善玉菌、ほどほどの日和見菌、悪玉菌

少々。加工食品や添加物の多い食品は避け、善玉菌や日和見菌の餌となる食材を取り入れて行き

ましょう。そして2つ目は腸内細菌が過ごしやすい腸内環境を整えることです。腸内細菌の大敵である

活性酸素を排除することはもちろん、便秘や低体温など、腸の働きを妨げる悪因を遠ざけるように

しましょう。しかも、朝昼晩に合わせた食事をすることで、より効率的に腸の健康を作ることが出来

ます。朝食は善玉菌や日和見菌を元気にする食材。なので、納豆やヨーグルトなどの発酵食品を

多様な種類、摂るようにしましょう。昼食は食物繊維を多く含む食材で、腸内をキチンと掃除してあげ

ましょう。大豆などお勧めです。同時に活性酸素を抑制する食材を取り入れることも大事で、昔ながら

の味噌にも圧倒的な抗酸化作用があります。夕食となると、その役割が夜に腸が一生懸命働いて

もらうためにカラダを温めるものを摂りましょう。良質なタンパク質やスパイス類など温性の食材を上手

に活用して行くことが大切です。  →「腸を元気にしましょう。」

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

怖い心筋梗塞のリスクを軽減する方法

皆さんは“心筋梗塞”と聞くとどんなイメージをお持ちですか?

亡くなってしまったり、そうでなくても後遺症が残ってしまったり…

とても怖い疾患ですよね。

心臓の筋肉は疲れない性質があるのですが

心臓を取り巻いている血管にコレステロールや血栓ができてしまい心臓に栄養が届かなくなってしまった時、心筋梗塞が発症してしまいます。

そして、怖ろしい事にその時には体にはほとんど前兆が現れません…

ですので、今回は心筋梗塞にならないよう予防する方法を紹介します。

また、その方法をやっていると、心筋梗塞になってしまったとしても後遺症が起こりにくくなります。

さて、その方法とは…

“強い心臓を作る”という事です。

強い心臓を作るには

心拍数110程度の有酸素運動+少し強めの筋トレ

です。

心拍数110程度の有酸素運動とはしゃべりながら続けられる、少し息が上がる程度の早歩き、少し頑張って自転車に乗るetc

これを週三回、一日30分程度すると効果的です。

少し強めの筋トレは壁で腕立てを一日10回程度が目安になります。

時間がなくてそれらの運動ができない…

なんて方は積極的に階段を使ったり、坂道を上ったり、それらでも十分に効果的ですよ。

ちなみに、心臓や関節に不安がある方は気を付けて行ってください。

動画はこちらから

 

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

口が開きにくい、口元がゆがむのはナゼ?

ふと鏡を見たときに、口元がゆがんでいるのに気付いたことはありませんか?

口元がゆがんでいると、見た目がもっとも気になりますが、
それ以外にもしゃべり難くなったり、唇や口内を咬みやすくなったりなど影響もあります。

 

また、口が開けにくいなど顎にも問題を抱えている場合も多く、
噛み合わせも悪くなる原因にもなり、頭痛や肩こりなどの
体の痛みにも関係していることも少なくありません。

 

口元の歪みや口が開けにくくなる原因として、

首との関係です。
首によって頭が支えられていますが、このバランスが崩れると
頭の位置がズレてしまい、次第に顎の関節が自由に動かなくなってしまいます。


それを何とか動けるようにする為、顎がズレて口元のゆがみが出て、
ひどくなると口が開けにくくなってしまうのです。

しかし、初期の段階では以外と解決できる方法があります。

 

【やり方】
顔をまっすぐにした状態にします。

  1. 耳たぶの下のライン(横方向)と、もみあげのライン(縦方向)が交わるところを中指で軽く押さえます。
  2. 押さえた所から指を離さずに、後ろ上前下の順番でゆっくりグルグル回します。(5回ほど)
  3. 今度は耳たぶの後ろのラインから指1本分下の首を10秒押します。

動画:口が開きにくい、口元がゆがんでいる人の改善法

これを繰り返し行っていくと、口が開きにくい以外にも
ボキボキ音がするなどの症状も改善します。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

目の疲れ解消法!!

動画はこちら

 

 

疲れ目の原因は、いろいろあります。1つは、長時間の読書やパソコンワークなどによ

る、目そのものの疲れです。特に、光の集約であるパソコン画面を見つめることは、目に

とって大きな負担になります。

また、整体法では、目は脳の1部と考えています。脳が疲れると目も疲れます。逆に言

えば、目が充血しているようなときは、脳も疲れて充血しているのです。

腕や足の疲れから目が疲れることもあります。なお、足の親指は目と関連しているので、

ここを温めたりすると目の疲れが解消することもあります。

また、目は腎臓とも関連しています。腎臓は体温調節に関わっている為、目が疲れやすい

人には汗をかかない、体温が低いという傾向が見られます。腎臓の機能を高めてあげると

血行が良くなり、目の疲れが緩和してくることもあります。腎臓の機能を高めるために足

の溝掃除をします。

両手の親指で足の指と指の間を広げるように、足の甲から指先に向けて、動かす。片方に

つき1,2分で、1日2回(朝、晩)が目安です。

目を閉じて蒸しタオルを当て、冷めたら取り替える処置を数回繰り返すのも、血行を促す

方法として有効です。

後は、眼球を上に向けることも有効的です。日頃パソコンなどで下を向くことが多いので

眼球を運動させ、血行を良くしてみましょう!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

女性ホルモンを整えて生理不順の解消!

今回は生理不順についてお話しします。

 

生理は、女性ホルモンの影響をすごい受けます。

 

女性ホルモンとは「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類があります。

では、この2つのホルモンはどこから分泌されているかと言いますと、

まず、脳の視床下部という部分から指令が出ます。その指令が卵巣に届き分泌されて血液に乗って全身に行き渡ります。

この2つのホルモンの分泌量は生理のリズムで変化し、リズムよく増減することで生理が規則的に起こるんですね。

 

じゃあ、なぜホルモンのバランスが乱れてしまうのかというと

・過度のダイエット

・家庭や職場でのストレス

・不規則な生活リズム

などが挙げられます。

 

でも、なかなかストレスや生活リズムって変えにくいと思います。

ですので、今回は、ホルモンバランスと整えるツボを紹介します。

その名前は、「水泉(すいせん)」です。

場所は、内くるぶしとかかとを結んだ線上の真ん中にあります。

前側から足首をつかむようにすると大体親指が当たるところです。

その場所をちょっと痛いぐらいの強さで押さえてください。

それを、寝る前なんかに行うといいですね。

 

皆さんも、生理のリズムが乱れてるなという方は試してください。

 

今日の動画です

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

 

たびたび体調を崩してしまう人もいれば、そうでない人もいます。それにはキチンと理由があります。

副交感神経が適度に優位なら、血流も良くなり、免疫もアップするのですが、ストレスや不規則な

生活で交感神経が優位になると、血流は悪くなり、免疫機能も衰えます。交感神経が優位になると、

あちこちの筋肉が緊張し、血管が収縮して血流が悪くなります。その結果、冷えや胃腸障害など

身体に様々な悪影響を及ぼします。また白血球の働きも正常でなくなるため、免疫機能も大きく低下

してしまいます。大きなストレスを受けたり生活リズムが乱れると体調を崩すのは、そのためなの

です。対処法としては、副交感神経を適度に優位にして自律神経のバランスを立て直すことです。

食事は腹八分目を心がける、口の中を清潔に保つなどの生活習慣の見直しは大切です。特に

冷えは万病のもと。まずは体をしっかり温めましょう。また、入浴後やシャワーをした後、体を

冷やさないことも重要です。パジャマ、ルームウェアは体にぴったりフィットするものではなく、

大きめのだぶだぶのモノをお勧めします。  →「自分の体温のコレを調べて下さい」

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

危険な動脈瘤のサインとは??

大動脈に「こぶ」ができてしまう『動脈瘤』

放っておくと破裂してしまい、大変なことになってしまう可能性があります

しかしながら動脈瘤ができてしまっても、自覚症状が無い場合が多く知らないうちに危険な状態になってしまう事が多いです。

ですので今回は、動脈瘤ができてしまった時に体に現れるサインについてお話します。

それは『声』に現れます。

声を出す時に働く神経に動脈瘤が触れてしまい、神経の伝達が悪くなってしまうのです。

そうなると声がかすれてしまったり、声が出にくくなってしまうのです。

もちろん、声が出にくくなる原因にはポリープや老化による声帯の萎縮があります。

ですので気になる方は一度耳鼻咽喉科で原因を調べられることをお勧めします。

動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

動けるほどの痛みは、そのままでもいつかは治る?

病院に行く、行かない。
その基準は人それぞれが持っていますが、
「痛みがあるけど動ける」「痛みがあるけど我慢できる」
などの場合はどうされていますか?

ほとんどの人が、「いつか治るだろう、、、」
と思って、そのままにしています。

しかし、その痛みが1週間以上続く時には
しっかり治療が必要です。

捻挫や打撲などでも、だいたい1週間もあれば
痛みが少なくなり痛みが治まりますが、

これが、痛みが少なくなっても痛みが残っている。
痛みの度合いが変わらないなどでは
治療が必要になります。

動けば大丈夫とか我慢できるから大丈夫とかは、
過去に病院や整骨院などの治療を受けれる場所が
少なかった時代の話です。

仕方なかったからそういう選択をしていたのです。

それが、今でも根強く残っています。
(それ以外にも、「なるべく行きたくないな〜」という心理もありますが、、、)

この「痛みがあるが動ける」という症状は、
一見、大丈夫そうに思えて実は怖いことになることもあります。

その一つとして、
股関節の痛みです。

股関節の痛みは、突然ひどくなるよりも
じわじわと痛みがひどくなって、しまいには歩くのが困難になります。
腕などと違って、体重が足にかかってしまうことも深く関係しています。

そして、股関節が痛む原因が、
必ずしも足にあるとは限らないということ。

人が動くためには、体のバランスが重要ですが、
「下半身は下半身の問題」ではなく、
上半身のバランスを下半身で調節しよう。などの
「同じような所以外で、痛みを分散しよう」
という自己防衛があり、これで片方がダメでも
もう片方が使える構造ができます。

これで、痛みを最小限に抑えていたのです!

=============================

今回は、立ち座りで股関節が痛みがある時の改善法を
ご紹介します!

【やり方】

① 痛みがある反対側の胸のあたりを指で下にぱっぱと刺激します。

② 次に、痛みのある肋骨の下の部分を上に向かってぱっぱと刺激します。

最後に①の部分を押さえながら腕を下から上に向かって回します。

動画:【イスの立ち座りなどで痛む股関節の解消法】

=============================

これは、姿勢が悪い方にもオススメな体操なので
ぜひやってみて下さい!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

食べ過ぎによる肩こり対処法!

動画はこちら

 

今回は、食べ過ぎによる肩こりの対処法です!

肩には僧帽筋という三角形の筋肉がありますが、その

上端は首から後頭部に、下端は胃の裏あたりにつな

がっています。

食べ過ぎて胃袋が膨らむと、この僧帽筋が下に引っ張られ、まず背中の上の部分が硬直

し、次に肩や首が硬直して、最後には後頭部にまで硬直が及ぶのです。食べ過ぎと肩こり

は一見、関係がないようですが、筋肉のつき方を見れば、食べ過ぎで肩がこるわけが一目

瞭然に分かります。

この肩こりを解消しようと思って、強く揉んでみたり、押してみたりすると逆に揉み返し

といってかえって悪くなることがあります。

手の三里という急所を使って解消しましょう!

①親指の付け根と肘の外側を結んだ線上の肘側、約1/4のところにある。

②その腕三里(触ると硬いスジみたいなものに触れることが出来ます)をはさみ、力を

加えたまま、小さく左右に4,5回動かしはじきます。

様子を診ながら、数分おきにやっていくと肩こりが徐々に緩和されていきます。

もし、肩こりをもとから触って楽になりたい方は、蒸しタオルを当てるといいでしょう!

この手三里のツボは、消化器系に効く急所ですので、胃腸に問題のある方など不調だと感

じたらやってみるのもいいでしょう!

 

 

 

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

体調不良の原因は?

 

なんとなく調子が悪いけれど原因がわからない、というような経験はありませんか?それは自律神経

が原因かもしれません。私たちの健康には、自律神経の働きが大きな影響を及ぼしているんです。

そもそも神経の役割は、脳が感知した情報を体に伝えることですが、呼吸、体温調節のように

コントロールできないものを動かし、生命活動を支えているのが自律神経です。ところが、気温や

気圧、環境の変化などでも、身体にとって、ちょっとしたストレスになり、それで乱れてしまいやすい

のも自律神経です。それが、胃腸不良、低体温、高血圧、不眠など様々な不調の原因になります。

なので、自律神経が如何に乱れること無く、バランスをどう上手くとれるかが健康を左右します。

自分自身でも食事や睡眠、運動やリフレッシュなどで、そのバランスを取り続けることで、整え

られてもきます。自分に合った方法を取り入れると、一番いいですね。

→「自律神経のバランスを良くするために」

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。