体の内側から考える「冷え性対策」


寒さが厳しい日々が続いていますが

皆さんは“冷え”に悩まされてはいませんか?

冷えてしまって寝にくい

体がむくむ

代謝が落ちて太ってしまった

厚着をするので肩がこる…

多くの人から、色々な不調を耳にします。

『冷え』対策にはいろいろな方法がありますが

今回はどんな食べ物が体を温めてくれるのか?

について書かせてもらおうと思います。

キーワードはずばり

“根菜”

です。

土の下で育つ野菜を指し

血行を良くするビタミンE

体温を維持するために必要不可欠なミネラルが多く含まれているのです。

特におすすめの野菜は

ニンジン…抗酸化作用を持つベータカロチンが豊富に含まれている。

食物繊維、鉄分、カルシウム、カリウム等が多く。

油で調理する方がカロチンの吸収が良くなる。

ごぼう…食物繊維がたくさん含まれているので、便秘解消に効果が高い。

善玉菌を増やす働きがあるので、血糖値が急上昇するのを防ぐ働きがある。

里芋…ガラクタンというぬめり成分が含まれていて、免疫力を高めたり、がん予防に効果があるとされている。

さつまいも…りんごの10倍のビタミンCが含まれていて、加熱しても栄養が壊れにくい。

かぶ…根の部分はビタミンCや酵素が多く含まれている。

酵素のジアスターゼは消化吸収を助けるなど、胃腸を整える効果がある。。

ショウガ…ショウガオールという辛み成分が体を温める効果が高い。

ジンゲロールは殺菌作用を持っている。

だいこん…加熱調理をすると体を温める働きを持つ。

沢山含まれているビタミンCと酵素は加熱すると失われてしまうので、生食がおススメ。

等などです。

体を中から温めてくれる、頼もしい食材なのですが気を付けておきたいポイントがあります。

・他の野菜に比べて等分が多めに含まれているので、食べ過ぎないように気を付ける

・固いものが多いので、しっかりと煮込んだり、スープに使うようにする

です。

皆さんもお試しください。

 

動画はこちらから

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr Googleブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 体の内側から考える「冷え性対策」
カテゴリー: 健康情報 パーマリンク
Share
Amebaなうで紹介

コメントは停止中です。