作成者別アーカイブ: 快信整骨院(東大阪) 川畑 裕範  プロフィール

外反母趾になってくるのはナゼ??

Amebaなうで紹介

夏場になると、サンダルやパンプスなど足の指が見える 履物になると、足の指の形が気になりませんか? 指の形で気になるのが外反母趾(がいはんぼし)です。 指が曲がって見た目にも気になりますが、 親指の付け根が痛い!など歩く時にも支障が出てきます。 この外反母趾は、足の親指が小指側に向き、 酷いものになると隣の指に重なったり、直角まで曲がってしまう場合もあり 曲がり始めたら、年月をかけて曲がり痛みも徐々に出てきます。 『外反母趾になりやすい体型がある!』 ヒールなどのつま先に圧力がかかりやすい履物で なりやすいのですが、首が前に出ている。背中が丸い。など 特に、背中の上から首にかけて猫背になっている人は 外反母趾になりやすい体型と言えます。 それは、ヒールなどでわかるように、 体重が前にかかってしまうからです。 ヒールに加え姿勢の悪さがさらに悪化させてしまう原因、 これは、男性にも外反母趾が増えているのにも関係していて、 ヒールを履く習慣が無いにもかかわらず、 気付いたら足が曲がっていた、、、それは、姿勢から影響して 外反母趾になりますので、ヒールを履かないからと言って 安心していると危険ですよ! 【外反母趾予防法】 動画:『外反母趾予防法』  足の指を足首に向ってやや強めに擦ります。 足首と掴んで前後に足を動かします。 骨盤を両手ではさみ屈伸運動をします

カテゴリー: 健康情報 | コメントをどうぞ

お尻の位置が左右で違うのは、腰椎の影響が大きい

まっすぐ立っているのにお尻の位置が左右で違っていたり、 座っているのに、どちらかのお尻に体重が掛かってしまう。など まっすぐにしているつもりでも見た目や感じ方に、 左右差が出ている時は、 お尻の筋肉が緩んでいるかもしれません。 筋力が無くなっているのとは違って、 「力が入らない」状態になっています。 普通は100%入って正常ですから、1%でも入らなくなると 「体が歪みやすくなる」のです。 そうなると、 下がって見えたり、左右差を感じてしまうことになります。 この原因の1つに、腰椎1番のズレ。 この部分がズレて神経の伝達が上手くいかないと おしりの筋肉が緩む以外に、夢を見やすくなって眠りが浅くなるという症状が出現しやすくなります。 この腰椎1番がズレているかどうかを判断するには、 立った姿勢で、体を左右に傾けた時に突っ張る筋肉がある側に この腰椎がズレている事になります。 実は、この腰椎1番。 糖尿病にも関係していて、インスリンを出す膵臓に負担を与えてしまいます。 簡単に言うと、この腰椎という骨がズレた影響で 膵臓を圧迫し続け、ストレスを与えているので、疲れやすくなる内臓環境ができています! 今回は、このズレを解消する方法をが紹介します!! 立った姿勢で、体を左右に傾けた時に、突っ張る筋肉がある側の筋肉を 背骨に向って弾くように押します。これを4,5回繰り返すと元の位置に戻ってきます。 動画:『片方のお尻が下がっている人の解消法』

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

肩こりがおきる「4つの原因」とは?

仕事だけでなく日常生活でも、起きやすい「肩こり」 普通は筋肉が疲れて、血流が悪くなって起きるのが 肩こりだと思っている人も多いのですが、 そう単純でも無いのです、、、 ======================== 【肩こりを感じやすい原因というものが4つあります。】 肩甲骨の動きが悪くなる。 目の疲れや異常がある。 肩甲骨と背骨の間が拡がりすぎている。 胸の下が硬くなる。(鳩尾部分) ======================== ①と②は何となく聞いた事があるとは思いますが、 肩甲骨が動きにくくなると、肩こりをよく感じる筋肉が あまり動かなくなるので血流が悪くなるのに加え、 肩の関節も動く範囲が狭くなってしまうのも、 肩こりが起きやすい条件になります。 また、目の疲れは首や肩甲骨に影響が及ぶため、肩が疲れやすくなります。 ④は胸の真ん中にある胸骨という骨のやや下の部分で、 鳩尾と呼ばれています。 ここが硬くなって肩こりがある場合は、呼吸器系が弱っている可能性があり、 姿勢が前かがみ気味や肋骨が下がっていたりと 呼吸しにくい体になっているから、筋肉を使って息をするようになります。 つまり、「肩で息をする」状態ですね。 特に問題なのが、③の「肩甲骨と背骨が拡がりすぎている」です。 背骨と肩甲骨は筋肉で繋がっています。 そしてこのバランスが保たれる事で 肩を自由に動かせるようにもなっています。 また、「今まで肩こりがあったのに、いつの間にか感じなくなった」 そういう経験がある人や本当は肩こりがあるのに感じない。という人は この部分がとても広がっていて、逆に肩こりを感じ難くなっているのです。 肩こりの痛みに鈍感になっています。 そのままにしていると、 いつかまた、痛み出してきたり、突然肩が動かなくなる 五十肩になる肩になりますよ! そこで、今回はとても簡単にできる、 「肩甲骨と背骨を近づける運動」をご紹介します! 肩こりを感じる側の 肩甲骨と背骨の間にある筋肉を、背骨に向かって圧迫します。 そして、そのまま肩をゆっくり回します。 なるべく大きく回して肩甲骨が動くようにします。 … 続きを読む

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

関節が「ポキッ」と音がする理由が解明!〜膝を曲げるとポキポキ鳴るのは、大丈夫なの?〜

座席に座る時やしゃがむ動作をした時に 膝が「ポキッ」と音がしませんか? 特に、痛みや違和感を感じることも無いので、 そのまま流してしまいますが、、、   そもそも、この音。 何なのか、不思議になりませんか? それを解明したのがカナダの研究グループ。 指を引っ張って音がなるまでの間をMRIで記録したところ、 関節の中の液体(滑液)の圧力が下がり気泡ができます。 そこから、関節にできた隙間に液体が流れ込んだ瞬間に 「ポキッ」と音がなるようです。 ここで、治療をする側から診てみると、 「圧力が下がる」 という点が気になります。 これが、関節の安定性を弱くしている可能性が出てきます。 関節が、 オフィスでよく使うイスのように、 レバーを引だけで簡単に高さを自由に変えることができる イスの根元の部分の油圧シリンダーと同じように、 軽い力で自由に動かせるように 「筋力以外に関節内の圧力も使っている。」 ということが解ります。 と言う事は、、、 ポキポキ音がするたびに、関節の圧力が抜けていることになります。 つまり、関節がグラグラになりやすい状態になっているのです。 関節を曲げるだけで、よくポキポキなる人の関節は 関節のねじれ、ゆがみでより圧力がより抜けやすい環境が整ってしまっているので、その関節は「痛めやすい」とも言えます。 例えば、 膝をまっすぐな状態で曲げると音がする人が、 ガニ股のようにして曲げると音が鳴らない場合は、 関節が外側に向いているので、痛めやすい状態になっています。 これが、「痛みが無いから大丈夫!」と思ってしまいがちな、 大きな落とし穴です。 痛みがなくても、 将来は痛みが出てくるかもしれません。 そうなる前に、しっかり治しておきたですね! そこで、今回は、「膝を整えて痛み改善する方法」をご紹介します。 【やり方】 (準備) … 続きを読む

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

口が開きにくい、口元がゆがむのはナゼ?

ふと鏡を見たときに、口元がゆがんでいるのに気付いたことはありませんか? 口元がゆがんでいると、見た目がもっとも気になりますが、 それ以外にもしゃべり難くなったり、唇や口内を咬みやすくなったりなど影響もあります。   また、口が開けにくいなど顎にも問題を抱えている場合も多く、 噛み合わせも悪くなる原因にもなり、頭痛や肩こりなどの 体の痛みにも関係していることも少なくありません。   口元の歪みや口が開けにくくなる原因として、 首との関係です。 首によって頭が支えられていますが、このバランスが崩れると 頭の位置がズレてしまい、次第に顎の関節が自由に動かなくなってしまいます。 それを何とか動けるようにする為、顎がズレて口元のゆがみが出て、 ひどくなると口が開けにくくなってしまうのです。 しかし、初期の段階では以外と解決できる方法があります。   【やり方】 顔をまっすぐにした状態にします。 耳たぶの下のライン(横方向)と、もみあげのライン(縦方向)が交わるところを中指で軽く押さえます。 押さえた所から指を離さずに、後ろ上前下の順番でゆっくりグルグル回します。(5回ほど) 今度は耳たぶの後ろのラインから指1本分下の首を10秒押します。 動画:口が開きにくい、口元がゆがんでいる人の改善法 これを繰り返し行っていくと、口が開きにくい以外にも ボキボキ音がするなどの症状も改善します。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

動けるほどの痛みは、そのままでもいつかは治る?

病院に行く、行かない。 その基準は人それぞれが持っていますが、 「痛みがあるけど動ける」「痛みがあるけど我慢できる」 などの場合はどうされていますか? ほとんどの人が、「いつか治るだろう、、、」 と思って、そのままにしています。 しかし、その痛みが1週間以上続く時には しっかり治療が必要です。 捻挫や打撲などでも、だいたい1週間もあれば 痛みが少なくなり痛みが治まりますが、 これが、痛みが少なくなっても痛みが残っている。 痛みの度合いが変わらないなどでは 治療が必要になります。 動けば大丈夫とか我慢できるから大丈夫とかは、 過去に病院や整骨院などの治療を受けれる場所が 少なかった時代の話です。 仕方なかったからそういう選択をしていたのです。 それが、今でも根強く残っています。 (それ以外にも、「なるべく行きたくないな〜」という心理もありますが、、、) この「痛みがあるが動ける」という症状は、 一見、大丈夫そうに思えて実は怖いことになることもあります。 その一つとして、 股関節の痛みです。 股関節の痛みは、突然ひどくなるよりも じわじわと痛みがひどくなって、しまいには歩くのが困難になります。 腕などと違って、体重が足にかかってしまうことも深く関係しています。 そして、股関節が痛む原因が、 必ずしも足にあるとは限らないということ。 人が動くためには、体のバランスが重要ですが、 「下半身は下半身の問題」ではなく、 上半身のバランスを下半身で調節しよう。などの 「同じような所以外で、痛みを分散しよう」 という自己防衛があり、これで片方がダメでも もう片方が使える構造ができます。 これで、痛みを最小限に抑えていたのです! ============================= 今回は、立ち座りで股関節が痛みがある時の改善法を ご紹介します! 【やり方】 ① 痛みがある反対側の胸のあたりを指で下にぱっぱと刺激します。 … 続きを読む

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

噛み合わせが悪くなると歯が痛くなる?

虫歯以外で歯が痛く感じる場合は、 歯茎に問題があることが多く、「歯槽のう漏」や 歯茎の炎症が目立ちます。 歯茎は、筋肉と同じようなもので、 緊張したり緩んだりして、歯のクッション的な役割もあります。   しかし、歯茎が緩み過ぎてしまうと 「歯」がグラグラして抜けそうになったり、 歯と歯茎の隙間から、バイ菌が侵入して 炎症を起こしたり、それこそ歯槽のう漏の原因にもつながります。     この歯茎の緩みの原因の一つとして、 「食いしばり」や「歯ぎしり」が関係していて 物を食べている時は、「噛む」という動きが 断続的に歯茎に圧が加わりますが、 食いしばり、歯ぎしりは、噛む動作よりも長時間にわたり 圧がかかります。 これにより、歯茎にはとてもストレスがかかってしまい 疲れやすく、血行不良なども起きやすい環境になる事で、 歯茎が弱ってしまうのです。   そして、歯茎にストレスをかける「歯ぎしり」「食いしばり」は 顎の関節のズレが関係していることが多く、 スムーズに顎が開かないことが、顎周りの筋肉に疲労をもたらします。 これが、噛み合わせを悪くしたりする原因にもなるので 注意が必要です! この疲労をなんとかしようと、歯ぎしりや食いしばりで 『顎の関節のつまり』を改善しようとします。   顎の関節にとっては、良いことにはなりますが、 歯茎にとっては、負担になっていたのです、、、   このような負担を軽減するためにも、 顎の関節のズレを改善する体操をご紹介します。 頭の後ろで手を組みます。 そのまま両肘で顎をグッと挟みます。(10秒ほど) 力を抜いたら今度は奥歯をグーっと噛みます。(5秒ほど) ※ これを3〜5回繰り返します。 動画:『噛み合わせと歯の痛み』 … 続きを読む

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

足首だけの「むくみ」は、なぜ起きるの?

捻挫などケガをしてないのに 足首が浮腫んでいたり、太くなってしまう、、、 通常だったら、 膝から下の足全体がむくんだりするのですが 体重が外側に乗っている方は、 特に足首が浮腫みやすいのです! その理由は、外側に体重が乗ることで 足首の関節に負担がかかり過ぎてしまいます。 その影響で足首が広がり、足の血管を圧迫しやすく 極端に足首の周りが浮腫みやすい状態になるからです! そういう方は、 実は、尿の出る勢いにも深く関係していて 尿の出る勢いが弱いと、溜まった尿が出し切れない ので、トイレに行ったのにいつまでも残っているような感じがする 残尿感があります。 それが1つの『水分過多』の体になります。 これが、先ほどの足首の関節が開いているのと 関係していて、浮腫みやすい場所が足首ということになります。 痛みはさほどなくても、関節の動きが悪くなったり 見た目的にも良くない状態に繋がってきます。 ===================================== そこで今回は「足首のむくみ改善法」をご紹介します! 【やり方】 ①左足の薬指(小指の隣)の付け根あたりを1分ほどジーッと押します。 ②次にその指をまっすぐ10秒ほど引っ張りパッと離します。 これを3回ぐらい行います。 動画:『足首のむくみ、足首が太く感じる人の対処法』 ===================================== これに加えて、足首を温めたりすることで血行を促進するのも効果的ですよ!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

自分の足でわかる!体の疲れ方。

体の疲れは、ただ「しんどい」「だるい」「痛い」など だけで判断していると、 すでに「疲れている状態」だった、、、 回復するまでに時間が掛かってしまった。 など、 感じた時にはすでに手遅れ。そういう経験あると思います。 身体は、自分の感覚よりも早く「異変」には気付いています。 今回は、その疲れなどのサインを 足で見てみましょう! ●床に座って両足を伸ばした時に片足だけ外に倒れている これは、倒れている足に疲れが出ているサインです。 もし、倒れていない足の膝や股関節に痛みがある人は、 弱った足をかばって、痛めている可能性が高いです。   ●足がO脚気味になる。 足の重心が親指に乗り過ぎているので、足の内側に負担がかかりやすい。 骨盤が閉まっていることがあり、難産になることもある。 靴の内側がすり減るのが特徴。   ●X脚気味になる。 足の重心が小指側にあり、足の外側に負担がかかりやすい。 骨盤が開き気味の場合もあり、出産は楽な場合が多いが、 産後、骨盤が閉まり難く、下腹が出やすい。 靴の外側がすり減るのが特徴。 ●寝た時に、足首が伸びた状態になる。 足の関節は、ある程度「角度」がありますが、 体が非常に疲れてくると、足の角度が無くなりまっすぐ伸びた 状態になります。慢性的になると、側彎症になったり、 肩の高さが左右で違う状態になります。   人の体は、 少しでも痛みを和らげ、体を動かせるようにする為に 毎日、微妙にゆがみを作り、 体の負担を分散させようとします。 このおかげで、人は多少の「ゆがみ」や「ズレ」でも 生活ができるのです!   最近、健康の為と思って ストレッチや体操を頑張っている方で 逆に痛みが出たり、毎回筋肉痛によくなる。といったトラブルもあります。 … 続きを読む

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

イライラ、焦りやすいのは骨の緊張が問題?

なぜかイライラしたり、 必要以上に緊張したり焦ったりするのは、 原因が、精神的なものだけとは限りません。 イライラしたりする原因の一つとして、 体に余ったエネルギーの吐け口となっている場合も多く これは、普段の運動不足を解消することもできます。 しかし、運動不足であっても体が疲れていたりすると 運動をしても改善せずに、逆にイライラや疲れが増えることもあります。 この状態では、体の芯の部分が緊張して 常に体を疲れさせている状態です。   内臓や筋肉にある神経や血管は、 脳から背骨を通って各臓器と繋がりますが、 特に、この背骨が緊張すると現れやすく さらには、緊張していることを自覚し難くい所でもあり なぜか焦り過ぎてしまうことにも関係しています。 多くの人は、「無意識」のうちに体にストレスを溜めている ということになります。 これを改善するには、 背骨の動きを良くしていきましょう! 【やり方】 1.立った姿勢で、首を前後左右に動かして、痛み無い方向を探します。 (もし首に痛みが無い場合は、腰で同じようにして探します。) 2.次に先ほど調べた動きやすい方向に体を10回ぐらい回します。 (例えば、首を「前」に倒した時と、「右」に倒した時に痛みが無い場合は、『時計回り』に体を回します。) 3.その後に、体を息を吐きながら曲げてます。反動ををつけながら徐々に曲げていきます。 4.最後に、息を吸いながら体を起こして終了です。 動画:イライラ、焦りぎみになるのは『骨の緊張』を改善で解決! イライラするのは、およそ6秒ぐらいが怒りの頂点になるそうです。 まずは、「6秒間、何もしない。」のも一つの手段では無いでしょうか?

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。