作成者別アーカイブ: 快信整骨院(東大阪) 山中信明  プロフィール

花粉症の対策

Amebaなうで紹介

今回は、花粉症の対策について、ご紹介します。 花粉症とは、身体の中で、花粉に対しての抗体が過剰に働くことにより、 症状として、くしゃみや鼻水、涙を出し 身体の外に花粉を出そうとします。 この花粉の症状は、身体が硬直し、弛まってない人に出ます。 通常、冬から春にかけ、身体は冬に蓄えた脂肪を落としていくために、身体は弛んでいき 春にかけて、動ける体になっていきます。 身体に硬直が残ると、春を過ごす身体になっていない為、花粉症にかかりやすくなり くしゃみや涙、鼻水を出すことにより、身体を弛めようとします。 身体が硬直する原因としては、食べ過ぎ、ストレス、薬の服用、汗をかかない生活などにより 身体に負担がかかり、硬直します。 今回紹介する体操では、肋骨と背骨周辺の硬直に効果のある体操をご紹介します。 動画 https://youtu.be/KV2es8wfw7g  

カテゴリー: 健康情報 | コメントをどうぞ

頭痛の対処法

今回は頭痛の対処法について、ご紹介します。 原因として、一つ目は、食べ過ぎによるものです。 食べ過ぎる事により、胃腸が休めずに、内臓筋が緊張し、緊張が神経を通じて 背中を硬直させ、頭痛と関連する、僧帽筋が引っ張られ、肩甲骨や首に硬直が波及し 結果的に、血液の循環が悪くなり、頭痛として、現れます。 二つ目は、スマホによる、親指の疲労です。 親指は、脳と関係しているため、知らないうちに、脳を疲労させています。 親指のような、部分的な疲労は、全身的な疲労に比べ、寝ている時に弛みにくく 疲労が蓄積しやすく、親指から腕、胸、肩に、疲労が波及し、僧帽筋が、緊張し 血液の循環が悪くなります。 対策として、頭痛は、僧帽筋が緊張することにより起こるため、緊張をとる事により 血液の循環を良くします。 今回紹介する体操は、胃腸の疲労を改善させ、二次的に僧帽筋の緊張を弛めます。 動画 https://youtu.be/azz4osiit2I

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

肩こりの対処法

今回は、肩こりの対処法について、紹介します。 肩こりは、肩周辺の、筋肉が拘縮し、血液の流れが悪くなり 肩甲骨の可動性が悪くなり、こりとして現れます。 原因としては、デスクワークやスマホにより、姿勢が前屈みになり、心臓や肺が圧迫されます。 その結果、新鮮な酸素を、血流にのせ、全身に循環できなくなり、こりが長引いてしまいます。 もう一つは、食べ過ぎにより起こる場合もあります。食べ過ぎにより胃が疲労し、その影響が 胸椎6・7番が固まり、周りの筋の、循環が悪くなり、こりとして現れます。 今回紹介する体操は、固まった関節に可動域をつけ、深い呼吸ができるようになり、肩こりもよくなるので、試してみて下さい。 https://youtu.be/fWzTdhdn3MY

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

腰痛の対処法

今回は、腰痛の対処法について、紹介します。 腰痛になると、腰が下がり、痛む場所の血液やリンパの 流れが悪くなります。 その流れを良くしようと、腰痛の人は、腰を叩いたり、 掻いたりします。 腰痛の原因は、腰自体では無く、側腹の硬直によります。 腰の筋肉が硬直すると、硬直した側の肋骨が下がることにより、側腹が硬直し、腰の循環が悪くな ります。 対策としては、今回紹介する体操で、硬直している側の、側腹を弛めて腰の循環をよくします。 動画 https://youtu.be/MGnQYVPMkrA  

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

頻尿の対処法

今回は、頻尿の対処法を、紹介します。 頻尿の原因は、腰椎と関連しています。 正常、五つある腰椎の骨で、真中にある腰椎三番に力が入り、腰が反っていれば問題ないですが、 この腰椎三番に力が入らなくなると、力の中心が下に逃げてしまい、腰が下がってしまい、姿勢が悪くなります。 頻尿の場合、腰椎の五番に負荷がかかります。腰椎五番は、膀胱と関連する為、夜中にトイレで起きてしう事が多くなります。 特に年齢を重ねると、こういった症状が出てきやすくなります。 対策としては、股関節が腰椎五番と関連するため、股関節の可動域を良くします。 今回の体操は、股関節の可動域を良くするのと、鼠径部のリンパの流れも良くなるので、試してみて下さい。 動画 https://youtu.be/6buhHMiARWQ  

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

イライラの対処法

今回は、イライラした時の対処法をご紹介します。   イライラする原因としては、ホルモンの影響や食生活などがあがりますが、もう一つ、背骨に原因がある場合もあります。 イライラしやすい人は、背骨が硬直し、呼吸が浅くなります。 長時間のデスクワークによる姿勢やエアコンの普及による冷えなどにより背骨が硬直し 肺に負担がかかり、呼吸が浅くなってしまい、酸素が体全体に行き届かずに、 イライラしやすくなってしまいます。 対処法としては、イライラすると鳩尾が固くなるので、鳩尾に手を当て、導気をすると軽減されます。 もう一つは、呼吸が大切なので、今回動画で紹介する呼吸法を試して下さい。 動画→https://youtu.be/fLIOpKtwP7k      

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

肌トラブルの対処法

最近、寒さも強まり、それに伴い、乾燥も気になり、肌に異常が出やすい 時期になってきました。 肌のトラブルとしては、ニキビや肌荒れ、シミなどが特に気になります。 ニキビは、汗をかかない生活を送っていると、毛穴に老廃物がたまり、特に今年はマスクをしている為、菌が繁殖し、ニキビとしてあらわれます。 普段から軽い運動などで、汗をかくのが大切です。   肌荒れは、水分量が保てていないために起こります。 常温の水を飲み、水分を保つことが大切です。 肌は、お尻と関係し、お尻が垂れると、胸が狭くなり、酸素や血液の流れが悪くなるため 肌の張りやシミなどの、肌のトラブルが出てきます。 対策としては、今回紹介する体操で、垂れたお尻を引き上げましょう。 https://youtu.be/eo4BxrbmnjI  

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

手足の冷えは夏と関係が

11月になり寒くなってきましたね。寒くなってくると手足の冷えが気になってきます。 手足の冷えの原因としては、心臓と関係する胸椎4番の硬直により血液の循環が末梢までうまく運ばれない状態になっています。 この胸椎4番の硬直の原因は、下に位置する胸椎5番の硬直にあります。 胸椎5番は体温調節に関与しています。 胸椎5番の硬直は、夏による冷房の使用や湿度によりうまく汗をかき難くなった体が原因となり、体温調節が上手くいかずに、寒くなると手足の冷えが出てきます。 この胸椎5番の働きを良くすることにより、関連する胸椎4番の働きもよくなっていきます。 対策としては、今回紹介する体操で背骨をゆるませることにより、上手く汗をかける体にしましょう。 冷えのひどい人は、足湯も効果があるので試して下さい。 動画→https://youtu.be/KEkTZJusZpQ    

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

むくみは内臓にも原因が

むくみの原因として、水やお酒の飲み過ぎでむくんでしまう人が多いです。 でも、中にはむくみがあまり出ない人もいます。 その違いは、内臓の機能が低下しているのが考えられます。 足がむくみやすい人の場合、心臓が関係しています。 心臓は、全身に血液を送る循環に関与します。 長時間立つことにより、末梢の足は重力の力がかかりやすく、血液が心臓に戻り難くなり その結果、心臓に負担がかかってしまいます。 対策としては、屈伸や足踏み、足湯などをする事により軽減されます。 顔がむくみやすい人の場合、肝臓と腎臓が関係しています この二つの臓器は密接に関係しています。 肝臓は、解毒機能により体の不要物を集め腎臓に送ります。 腎臓はそれを尿や汗などと一緒に体外に出します。 この機能が低下すると、寝ている時は、頭が低い位置にあるため、 不要物が上に上がり顔のむくみが出ます。 対策としては、今回紹介する体操をためしてみて下さい。 動画→https://youtu.be/a6JZVQFgmwU

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

膝痛の原因は膝以外にも

膝痛は、加齢・肥満などにより、膝の軟骨がすり減り 痛みが発症するというのが一般的な考えで す。 その考えの中でも痛みの無い人もいます。 その違いは、整体的から見ると二つあり、 一つ目は、体を支えるバランスが崩れ、骨盤が開き、膝に負荷がかかります。 二つ目は、腰の腰椎三番の可動性の低下により膝に負荷がかかります。 腰椎三番は捻じる動作に関与し、三番に異常があると、捻じる動作にほとんど関与しない膝が代わりに働き痛みが出ます。 腰椎三番は、腎臓に関与している為、腎機能の低下が考えられます。 原因の対策としては、適度に運動をし汗をかくことにより、老廃物を出し腎臓の負担を軽減し、 本日紹介する体操で、股関節を整える事により膝の痛みを軽減させていきます。 本日の動画 →https://youtu.be/oRjNUdx-FMk

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。