作成者別アーカイブ: 快信整骨院(東大阪) 山中信明  プロフィール

ストレスは胃の大敵

Amebaなうで紹介

最近、外も涼しくなり、過ごしやすい季節になり、秋らしさが出てきました。 秋と言えば、食欲の秋ですね。 おいしい食べ物が多く、ついつい食べ過ぎてし まい消化器に負担がかかってしまいます。 特に胃は、ストレスがかかりやすく、精神的なものもそうですが、食べ過ぎによるストレスもあり 胃の消化能力が十分に働かなくなくなってしまいます。 その結果、胃よりも消化能力の低い腸に負担がかかり下痢として排出されたり、 胃の中に消化不十分の食べ物が残り、口臭の原因となってしまいます。 対策としては、欲求(食欲)に忠実になることが大事です。でも、食べ過ぎるのではなく 腹八分目にすることにより、胃が活動しやすくなるため「もう少し食べたい」と言う気持ちで終えるのも大切です。    

カテゴリー: 健康情報 | コメントをどうぞ

リンパの流れで、免疫UP

大阪、東京を中心にコロナが蔓延し、自粛しなければならない日々が 多くなり休日は、自宅で過ごす時間が長くなっていると思います。 感染対策としては自宅待機もそうですが リンパの流れを良くするのが効果的です。 このリンパとは免疫に関与します。 体に細菌、ウイルスが常に付着、侵入しておりこれをリンパ液に含まれる、 リンパ球の作用(抗体、免疫)によるシステムにより体のバランスが調整されています。 リンパの流れを良くするために、腋窩(わき下)~肋間を弛めます。 最近、汗を十分にかく事が出来ず、皮膚呼吸がしにくい環境になり、呼吸器が弱り 肋間が詰まっている人が多くなっている為、腋窩~肋間にアプローチします。 今回の体操 https://youtu.be/7vMZfl5yv3U    

カテゴリー: 健康情報 | コメントをどうぞ

夏の硬直した体の対処法

今年は梅雨明けが遅れ、8月から連日体温と同じぐらいの 猛暑が続くと体の不調が多くなってきます。 普通夏になると梅雨でかきにくなった汗をかき、 身体が弛んでくるのが正常でしたが 気温が体温に近くなると、体が熱から守ろうとし硬直 状態になり、不調が出てきます。 対策としては冷房を活用します。昔は冷房は良く思 わない事もありましたが、 今では使用しない事により 体の硬直が進み、眠りの質が落ちていきます。 使い方としては、就寝時のタイマーの活用 寒いと感じたら服装、布団を変える事により、体が弛 緩し質の良い眠りにつく事が出来ます。 そして、適度な運動で汗をかき体にたまった老廃物、 熱を放散し体の内側からもスッキリさせること により、夏を上手く過ごしていきましょう。 おまけに夏の硬直した体を弛める体操もご紹介します。 ↓ https://youtu.be/yPOpZ8Y4mDQ    

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

ウエスト引締め体操

夏も本番になり、海の季節がやってきましたね。 海水浴に備えてたるんだ身体を改善しようとしたはずがなにもせずにきてしまったなんてことはありませんか? まだ大丈夫です。身体のたるみ、特にウエストを引き締める体操を今回はご紹介します。 まず同じ身体でもウエストが引き締まりにくい身体と引き締まりやすい体があります。 では何が違うのかというと、ズバリ骨盤です。 骨盤が開いて、かつ下がっていると腰からお尻にかけてぼてっとたるんだ感じになるのです。 なのでそれをきゅっと引き締めてくいっと上げてあげれば、ウエストが引き締まり理想の身体に近づけることができます。 骨盤が開き、下がる原因にはいろいろな要素がからんでいるのですが、それも含めて簡単に骨盤の状態を改善できる体操をご紹介します。 動画はこちら→https://www.youtube.com/watch?v=pPp_3Hd0bfk

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

冷えた時の対処法

梅雨も終わりやっと本格的に暑くなってきましたね。 暑い中でのクーラーは快適ですが、長時間のクーラー使用による冷えも要注意です。 寝ている間などの温度調節はなかなか難しく、朝方に身体が冷えてしまっていることもしばしば。 今回は身体が冷えてしまった場合に自分でできる対処法をいくつかご紹介します。 まずひとつめは、足湯です。 湯船やバケツに普段のお風呂の温度より少し熱いくらいのお湯をくるぶしより少し上まで浸かる高さまで張り、そこに足を浸けます。 足を出すタイミングが大事なのですが、浸かっている足全体の皮膚が赤くなったら出します。 もし左右で差があるなら、赤くなった方だけ出し、赤くなっていない方はそのまま浸け、全体が赤くなったら出します。 これをすることにより一番冷えやすい足の血流が改善され、そこから身体全体の冷えも改善することにつながります。 もう一つは手と足のツボを用いる方法です。詳しくは動画をご覧ください。 動画はこちらから→https://www.youtube.com/watch?v=_Y9bt_4TIec&feature=youtu.be    

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

梅雨の湿気対策

今年は梅雨が長引き、まだ雨の日々が続きますね。 幸い気温は低めですが、湿気が多く、じめじめしているので身体に不調を感じている方が多いです。 よく湿気が苦手な人がカラッとした気候の場所に行くと、身体の調子が良くなるという現象が起きますがあれも同様に湿気によって身体が良くない影響を受けているんです。 まず、なぜ湿気が多いと調子を崩しやすいのかというと、発汗と関係しています。 人間の身体は常に皮膚から汗という形で水分を排出しています。それもただの水分ではなく老廃物を含んだ、どちらかというと尿に近い水分を出しています。 なので汗が出なくなると、皮膚からの老廃物の排出がうまくいかないので、発汗は非常に重要な役割を担っています。 さて、これと湿気がどう関係しているのかというと、空気中に湿気(水分)が多ければ多いほど汗が上手く出ず、渇くこともできないということに繋がってくるのです。 例えるなら雨の日に洗濯物を干しても全然乾かないのと同じことが起こっているんですね。 湿気は変えることができませんが、体操によってある程度発汗しやすい身体に改善させることができます。今日はその方法をご紹介します。 体操はこちら↓ https://youtu.be/YPEDVgLRZnM

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

食べ過ぎた時の対処法

コロナ禍もあり、ステイホームや感染対策の意識が続いている中、ストレスがたまる方も多いかと思います。 ストレスがたまると多くの方は食に走ってしまいます。 運動量が増えていないにも関わらず、カロリー摂取量だけが増え体重だけが増えるのは悲しいですよね。 食べ過ぎた時に身体に何が起こるかというと、まず消化器(胃腸など)に負担がかかるので胃腸や肝臓、さらに腎臓に血流が集中します。 これらの臓器に血流が集中すると、身体の他の部分への血流が減少するため、あらゆる異常が生じてきます。 例えば脳の血流が減るとぼーっとしたり、眠たくなったりします。 筋肉の血流が減少すると、身体がだるくなって動きたくなくなります。 また、血流に加え、血糖値も急激に上昇するので全身の血管にも負担がかかります。 このように、食べ過ぎると良いことがありません。 ただ、どうしても食べすぎた時には、ある簡単なことをするだけで消化を早め、全身への負担を軽減することができます。 今回はその方法をご紹介します。↓ https://www.youtube.com/watch?v=q7OoomueKtk&feature=youtu.be  

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

腰痛予防体操

季節の変わり目になり、また身体が変化しやすい時期にあります。 コロナウイルスの影響もあり、運動量が顕著に減っていく人が多くみられます。 運度不足になると増えるのが腰痛。 デスクワークなどで一日中座っていると、腰への負担がとても大きいです。 この場合に一番偏って負担がかかる椎骨が腰椎の1番と5番です。 腰椎の1番と5番は整体では前後系統の椎骨といわれ、主に身体の前後の動きに関与しています。 これらの椎骨の状態が悪くなると腰痛のなかでも特に前屈や後屈の動きがしにくかったり、痛みが出たりしてしまいます。 今日はこのタイプの腰痛に対する体操をご紹介します。 ↓ https://www.youtube.com/watch?v=ueyOFymFc-4

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

花粉症対策

コロナ禍の影響で毎年話題になる花粉症が薄れてきていますが、花粉は相変わらず飛んでいます。 5月に入って特にヒノキやイネ科の時期ではありますが、自分で対処できればいいと思いませんか? 花粉症のメカニズムは空気中に舞っている花粉が口や鼻を通して体内に侵入した時に体が異物(アレルゲン)として認識し、それをやっつけようと炎症反応として示します。 この時にかゆみやくしゃみ、鼻水や涙というような症状が表れます。 整体では、鼻や目、喉の粘膜を支配している神経に異常が出ると、それぞれの部位で血液循環が悪くなり、炎症症状が顕著に出てしまいます。 特に頸椎第3番が花粉症に関係していると言われています。 なので頸椎3番を整える事ができれば、花粉症の症状を抑えることができます。 今回は頸椎3番を調整する体操をご紹介します。 https://youtu.be/81x6rie6MUc  

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

首コリを自分で治す方法

自宅で過ごす時間が増え、運動不足も重なり、身体の不調を訴える患者様が増えています。 特にテレワークによる肩こりや腰痛、首コリに悩む人が多いようです。 今日はその中でも首のコリについてご紹介します。 首のこりの場合によく緊張している筋肉は胸鎖乳突筋や斜角筋とよばれるもので、首を動かすうえでとても重要です。 これらの筋肉に負担がかかると、痛みやこりとなって表れます。 その状態を放っておくと、肩こりや腰痛、さらに首から上の血流が悪くなるので、目、鼻、のど、耳の不調、頭痛など他の疾患も伴いやすくなります。 今は外出もしにくいので、自宅で簡単にできる首コリを治す方法をご紹介します。 ↓ https://www.youtube.com/watch?v=Gc-pNqHauXQ

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。