作成者別アーカイブ: 快信整骨院(東大阪) 山中信明  プロフィール

食べ過ぎた時の対処法

Amebaなうで紹介

コロナ禍もあり、ステイホームや感染対策の意識が続いている中、ストレスがたまる方も多いかと思います。 ストレスがたまると多くの方は食に走ってしまいます。 運動量が増えていないにも関わらず、カロリー摂取量だけが増え体重だけが増えるのは悲しいですよね。 食べ過ぎた時に身体に何が起こるかというと、まず消化器(胃腸など)に負担がかかるので胃腸や肝臓、さらに腎臓に血流が集中します。 これらの臓器に血流が集中すると、身体の他の部分への血流が減少するため、あらゆる異常が生じてきます。 例えば脳の血流が減るとぼーっとしたり、眠たくなったりします。 筋肉の血流が減少すると、身体がだるくなって動きたくなくなります。 また、血流に加え、血糖値も急激に上昇するので全身の血管にも負担がかかります。 このように、食べ過ぎると良いことがありません。 ただ、どうしても食べすぎた時には、ある簡単なことをするだけで消化を早め、全身への負担を軽減することができます。 今回はその方法をご紹介します。↓ https://www.youtube.com/watch?v=q7OoomueKtk&feature=youtu.be  

カテゴリー: 健康情報 | コメントをどうぞ

腰痛予防体操

季節の変わり目になり、また身体が変化しやすい時期にあります。 コロナウイルスの影響もあり、運動量が顕著に減っていく人が多くみられます。 運度不足になると増えるのが腰痛。 デスクワークなどで一日中座っていると、腰への負担がとても大きいです。 この場合に一番偏って負担がかかる椎骨が腰椎の1番と5番です。 腰椎の1番と5番は整体では前後系統の椎骨といわれ、主に身体の前後の動きに関与しています。 これらの椎骨の状態が悪くなると腰痛のなかでも特に前屈や後屈の動きがしにくかったり、痛みが出たりしてしまいます。 今日はこのタイプの腰痛に対する体操をご紹介します。 ↓ https://www.youtube.com/watch?v=ueyOFymFc-4

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

花粉症対策

コロナ禍の影響で毎年話題になる花粉症が薄れてきていますが、花粉は相変わらず飛んでいます。 5月に入って特にヒノキやイネ科の時期ではありますが、自分で対処できればいいと思いませんか? 花粉症のメカニズムは空気中に舞っている花粉が口や鼻を通して体内に侵入した時に体が異物(アレルゲン)として認識し、それをやっつけようと炎症反応として示します。 この時にかゆみやくしゃみ、鼻水や涙というような症状が表れます。 整体では、鼻や目、喉の粘膜を支配している神経に異常が出ると、それぞれの部位で血液循環が悪くなり、炎症症状が顕著に出てしまいます。 特に頸椎第3番が花粉症に関係していると言われています。 なので頸椎3番を整える事ができれば、花粉症の症状を抑えることができます。 今回は頸椎3番を調整する体操をご紹介します。 https://youtu.be/81x6rie6MUc  

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

首コリを自分で治す方法

自宅で過ごす時間が増え、運動不足も重なり、身体の不調を訴える患者様が増えています。 特にテレワークによる肩こりや腰痛、首コリに悩む人が多いようです。 今日はその中でも首のコリについてご紹介します。 首のこりの場合によく緊張している筋肉は胸鎖乳突筋や斜角筋とよばれるもので、首を動かすうえでとても重要です。 これらの筋肉に負担がかかると、痛みやこりとなって表れます。 その状態を放っておくと、肩こりや腰痛、さらに首から上の血流が悪くなるので、目、鼻、のど、耳の不調、頭痛など他の疾患も伴いやすくなります。 今は外出もしにくいので、自宅で簡単にできる首コリを治す方法をご紹介します。 ↓ https://www.youtube.com/watch?v=Gc-pNqHauXQ

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

眼の疲れ解消法

新型コロナ感染拡大の影響で自宅にいる時間が増えたり、テレワークをする人が増えていますね。 一方で、移動量の減少から、運動不足になりがちになってしまい、またデスクワークなどが増える事で健康に関してマイナスな面がでてきます。 特に、画面を長時間見つめることによる眼精疲労を訴える方も多いと思います。 今日はそんな目の疲れに有効な方法をご紹介します。 まず、目が疲れる機序ですが、長時間目を酷使することによって、首が前傾し、顎が前に出てきます。 そうすると、約5キロある頭を支えないといけないので首、肩の筋肉に偏り疲労が生じます。 そして頸椎1番2番に負担がかかり、これらと強く関係している目に慢性的な疲労が生じてしまいます。 眼とへの血流や神経の流れが悪くなってしまい、栄養が行き届かなくなります。 さらに、姿勢が悪くなるので他にもさまざまな不調が生じてしまいます。 なので、目の疲れを根本的に改善しようと思えば、頸椎の異常を解消し、目への血流や神経の流れがスムーズに行われる状態にしてあげないといけません。 その方法をご紹介します。 https://youtu.be/6Ox57mmFhdA

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

呼吸を深くする方法

今はコロナウイルスの騒ぎで大変です。 なので食品業界などで免疫を上げる事に関連付けられた食品が飛躍的に売れています。 食べるものももちろん大事ですが、今回は身体の免疫を上げるもう一つの要素、”呼吸”についてご紹介していきます。 呼吸の大切さはみなさんご存知でしょうか。水や食料は何日か全くとらなくても命に別状はありませんが、呼吸が止まった途端、人間はわずか数分で死に至ります。 普段無意識にしている呼吸がそれほど大切なんです。 さて、呼吸は人間誰もが当たり前のようにしていますが、どこでその”質”に差が出てしまうかといえば、呼吸の深さです。 呼吸が浅いとそれだけ細胞のエネルギーとなる酸素が足りず、身体の末端組織まで栄養が行き届きません。 その結果、免疫低下、代謝の低下、冷えなどに繋がります。 では呼吸が浅いとわかれば、一生懸命深い呼吸をすることを意識すればよいのでしょうか? 一日中そんなことすれば、逆に疲れ切ってしまいますよね。 要は深い呼吸ができる体にすれば良いのです。 そこで呼吸を深くする方法をご紹介します。 ↓ https://youtu.be/lWZP2SnjfiM 自宅でも簡単にできるので、ぜひ試してみて下さい。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

ウエスト引締め体操

コロナウイルスの影響で外出する機会がめっきり減ってしまった人が多いのではないでしょうか? アウトドアやジムへ行かなくなると当然運動量が減るので太りやすくなりますよね。 そんな人のために、今回は自宅で簡単にできるウエスト引締め体操をご紹介します。 まず、ウエストが太くなるというのは整体的に言えば、骨盤の歪みが最も影響しています。 骨盤が下がったり、開いたりすることでウエストが太くなってしまいます。 そして骨盤が歪む原因はいくつかあります。 単なる食べ過ぎもあれば、妊娠・出産で骨盤が広がったままになる、脚の内側の筋肉が弱くなる、食生活の質の低下、ストレスなど、人によってそれぞれ違います。 骨盤が歪み、ウエストが太くなると見た目以外にもさまざまな不調が現れてきます。 食欲が増えたり、足腰が弱くなる、姿勢が悪くなる、内臓の機能が低下するなど、数えたらきりがありません。 そこで本題のウエスト引締め体操ですが、これはどこでもでき、道具なども必要ないので誰でも俺がるにできます。ぜひ下の動画をご覧ください。 動画はこちら↓ https://youtu.be/ARRR-tFBdWE  

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

O脚改善法

女性に多くみられるO脚、痛みはなくても膝の間が開いてくるので見た目がどうしても気になりますよね。 今日はそんなO脚を自分で改善する方法をご紹介します。 まずO脚の原因ですが、生まれつきのものや、病的なものもありますが、圧倒的に多いのが身体の歪みや筋力低下など、生活習慣によるものがほとんどです。 ということは、生活習慣を改善して、原因を解消すれば、O脚も改善するということになります。 詳しく説明すると、O脚になっている人のほとんどは、肩が巻き込み、背中が丸まり、骨盤が下がり、股関節も内側に巻き込み、膝が捻じれることによって膝のあいだにすきまができてしまいます。 いわゆる高齢者によく見られる典型的な猫背ですね。年齢が若くても、この姿勢は多少なりとも必ずみられます。 なので姿勢を逆に、肩が開き、背中が伸び、骨盤がきゅっと上がり、股関節も開いてくれば、O脚を改善させることができます。 その方法を下の動画でご紹介していますので、ぜひご覧ください。 https://youtu.be/bgH-yxINXcs

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

眼の疲れの解消法

蒸気が出るアイマスクなどが飛ぶように売れているのが物語っているように、目の疲れを訴えている人は多いのではないでしょうか。 眼の疲れだけならまだしも、それに加え、肩こりや頭痛、めまいなども併発してしまうととても辛いですよね。 整体では眼に関係している体の部分はたくさんあります。例えば、頸椎1番2番、後頭骨、腰椎、肩甲骨、足の親指など、目が疲れてくると、これらの部分に異常が生じてきます。それを放っておくと、他の症状も重なって出てくるようになります。 特に後頭部と首の境目の部分は眼と深く関係しており、実際、そこを触りながら目を大きく動かすと触っている部分が動いているのが感じられます。 後頭部も含め、上記のポイントを温めてやると目の疲れが取れてきます。しかし、場合によっては温める事ができない状況もあると思います。 今回はそんな時に手軽にできる目の疲れの解消法をご紹介します。 動画はこちら→https://youtu.be/5q5DksCqUWU

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

肩こりを自分で治す

厚生労働省が行う統計では男性では2番目に、女性では1番多い症状である肩こり。  ほとんどの女性が訴えています。それだけではまだしも、肩こりから来る首のコリ、又は頭痛など、これらの症状から解放されると人生が変わるというくらい苦しんでいる方が多いです。 今日はそんな肩こりを少しでも自分で解消できる方法をご紹介します。 まず一番肩こりに関連している筋肉で多いのが僧帽筋という筋肉です。 これは数少ない二重神経支配といって首の神経からだけでなく、脳の神経からも支配を受けています。 これがどういうことかというと、より多くの箇所から影響を受けるので、不調になりやすいということです。肩こりがストレスとも大きく関係していることからもそれがうかがえます。 ストレスがなくなれば肩こりも軽減されるでしょうが、そんな簡単にはいきませんよね。 でも体を整える事によって、ストレスに影響を受けにくい体を作ることはできます。 もう一つ肩こりの原因として多いのがデスクワークや細かい作業による肩、腕の偏った使い方です。 同じ作業を繰り返し行うことによる筋肉のくせや捻じれが肩こりに大きく関わってきます。 この場合もこれからご紹介する体操で解消することができます。 ↓ https://www.youtube.com/watch?v=qZS1FoqJNU8&feature=youtu.be

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。