プジャール結節って?

手の指の痛み、更年期症状かも | 河北新報オンラインニュース / ONLINE NEWS

 

指の第2関節が太くなり、変形するのがプジャール結節です。指の第2関節がこぶのように腫れて

変形を生じる疾患です。更年期以降の女性に見られ、遺伝性発症が多いのも特徴です。

お母さんやおばあちゃんの指も、そういえば変形していたと言うケースも多いです。自覚症状は

痛みと腫れですが、痛みの程度は個人差があります。包丁やつり革を握る時、雑巾を絞る時に

痛いと言う人が多いですが、痛みより前に第2関節だけが太くなり、指輪が入らなくなった事で

気づいたと言う人もいます。関節の痛み、腫れと言う点ではリウマチと症状は似ていますが、

原因は全く別の事です。リウマチは免疫機能の異常が原因と分かってきましたが、プジャール結節は

原因不明とされていました。それが最近になり、女性ホルモンの乱れや低下が関係すると考えられて

きました。ただ、初期症状では判断がつきにくいので、まずリウマチの検査を。そこで陰性で

プジャール結節だったり加齢のせいだからと仕方ないと諦めず、医療機関の受診をして相談して

下さい。

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。